ドラクエXを通して、ネカマ(オタク青年)とネナベ(ギャル)が出逢ったら……? 金田一蓮十郎『ゆうべはお楽しみでしたね』第1巻

電子書籍で買いました(紙の本も本日注文済み。電子版でもカバーなどがきっちり再現されてました。親切だぜスクエニ。講談社も見習ってくれ~。げんしけん二代目ではカバー裏が再現されてなかったし)。

ドラクエXのプレイヤー2人がとあることがきっかけで同居することに。しかし、実際はプクリポ女がオタク青年で、オーガ男はなんとギャルという逆転状態。

ドラクエXを根底に置きつつも、ギャルが苦手で戸惑いを隠せないたくみ(パウダー)と、ドラクエXが原因で破局したみやこ(ゴロー)が今後どうなっていくのだろうか不安。作品内でもアップデートに併せてコロシアムが登場していますが(コロシアムはFF14のフロントラインと同じ)、自分はさすがに行く気になれないなぁ。

漫画ではクリスマスの後まで書かれているのですが、果たして二人は2.xのラスボスを撃破出来たのか気になるところです(そこかよ!!)。うちは2月1日に撃破して、現在ダークドレアム戦の準備をしながら金策しています、ハイ。現在3連敗中。

ちなみに、たくみのDQXのプレイ環境はモニタ一体型PC(おそらくメーカー製。DQXはGPUがないPCでも快適に楽しめる数少ないオンラインゲームなのだ)+コントローラー、みやこのプレイ環境はWiiU+WiiUPROコントローラーです。自分はノートPC+XBOX360コントローラーですが、PC買い換えたらXBOXONEコントローラーに変えたる。XBOX360コントローラーはXB1コントローラーに比べて十字キーが使いづらいっちゅーねん。

ゆうべはお楽しみでしたね(1) (ヤングガンガンコミックス)
金田一蓮十郎
スクウェア・エニックス (2015-03-25)
売り上げランキング: 61