シュタゲゼロ、ひとまずこれで終了

シナリオをじっくり読むのは退院後になりそうです……(^^;。

最初に見たED以外は強制スキップを使って交差座標のスターダストまで読み進めるという、1年前にシュタゲ本編とやったことと同じスタイルで進めてしまいました。

(以下、シュタゲ本編とシュタゲゼロ本編セットのネタバレ込につき閲覧注意。今なら本編のPS4版がついてくるので早いうちに入手してプレイしてください。これを機にPS4本体を買うのもあり!

前作のTRUEルートでは牧瀬紅莉栖(以下、紅莉栖)を救えずに絶望の淵に沈む岡部倫太郎(以下、岡部)を、椎名まゆり(以下、まゆり)にハッパをかけられたところで2010年7月28日に受け取った謎の添付メールを見て再び紅莉栖救出に向かうのですが、今作は15年後から送られた動画で語られた内容をそのままトレースしたものになっています。

紅莉栖を救出できなかった悔しさ。それを抱え続けた中で紅莉栖の同僚であった比屋定真帆(以下、真帆)と出会い、人工知能のアマデウスと出会う。しかし、その裏では海外から持ち込まれた謎の脳炎や情報戦に巻き込まれ、最終的に岡部はタイムリープに向き合うことに。

そして、2025年には動画の中で自分の失敗をすべて話し、15年前の岡部にハッパをかけ、まゆりと阿万音鈴羽(以下、鈴羽)にも同じようなことを伝え、執念オカリンとして二度と戻れぬ時間旅行に旅立つ――。

果たして、岡部はどこに向かったのか。そしてまゆり達はどこに飛ばされたのか。今作ではそれが書かれぬまま終わってしまったのですが、また機会があるときに書くんだろうなぁ。

前作をやっておかないとわからない物語なのですが、本当にやって良かった。また記憶をリセット……どころか、早いところ既読スルーを達成したいです。RINEを確認して返答しなければいいだけだし。

最初はリモートプレイがうまく行かずに苦戦しましたが、結局はPSVitaのリモートプレイを有効活用して本体のコントローラーを使わずに一通り終わらせることが出来ました。スマホ呼び出しがスムーズじゃなかったよ(なお、PS4版では最初の章以外はネタバレ防止の観点から動画の録画や配信が禁止されています)。

これで残す積みゲーはSAOとメタルギアソリッドV:TPP、ヴァルドラ、東亰ザナドゥ……と、まだまだ残ってるや(^^;。