休戦協定締結……と思ったら、メインクエスト終了

長く険しいダンジョンクエストが終わり、Lv13になったところで……。(残虐なSSにつき、苦手な方はご容赦ください)

一人も金メダルを取れない柔道日本男子はコーチ監督ひっくるめて全員クビじゃー!(怒

山賊の首をはじめてすっ飛ばしました。(alt文にはここ最近の心境が書いてあります)

……いやいやいや、違うでしょ。

色々やっていくうちにウィンターホールド大学で星霜の書に関わる本を見つけ、そして長い長い地下を抜け、パズルを解いて星霜の書を手に入れて戻ってきたのは世界のノド。そこで過去のいきさつをきっちりと体感した後でシャウトを習得、そしてアルドゥインとの一騎打ち。

VERY EASYに設定してあるのでガツガツと斬る、斬る、斬る!

やっと仕留めたと思ったら、

まだまだ弱いですから、アルドゥインのおっさん。

捨て台詞を残して去って行きましたよアルドゥイン。

はじめて明かされるドラゴンズリーチの真の姿。

その後パーサーナックスから「ホワイトランにあるドラゴンズリーチはドラゴンを閉じ込めるために作られた」ことを教えられました。道理でドラゴンの名前があると思ったわけだ。その前にやっていなかったクエストをこなして、さっきの写真に至ったわけでありまして……。

休戦協定を結んだ後のドラゴン捕獲作戦については、ネタバレ満載のために追記でドゾ。


休戦協定を結んだ後でOhahviingを捕獲。ある程度攻撃を加えて罠にきっちりとハメときました。

ファレンガー先生興奮しています。

って、はめたドラゴンを研究材料にするんですかファレンガーさん。マジパネェっす。

ファレンガー、なにしてるんですかw

当然、あとでイリレス姐さんにきついツッコミを食らいました。

もう後戻りはしない!

万全の準備はできていたので、後はオダハヴィーングの背中に乗っていざ出発。

Lv10台で乗り込んだ自分は最高のバカです。

イリレスとバルグルーフに見送られながら、東の果てにあるSkuldafn(スカルダフン)まで一直線! スカルダフンに着いたら後はひたすら前に進む! 進む! 進む! 途中死にかけたけど、回復の薬(小)をMMORPGでお馴染みPOTがぶ飲みで乗り切って、ソブンガルデに!

霧をシャウトでふっ飛ばし、勇気の間にいる門番・ツンもひたすら攻撃をかわしながら間合いをとって切り抜ける! 勇気の間で仲間を見つけてシャウトを使い、アルドゥインを呼び出して最後の戦いに。

シャウトを使って引きずり下ろして……。

何も考えずに斬る!

アルドゥインをフルボッコ。後先のことはなんにも考えない! ただひたすら日本柔道のあのザマに終わった鬱憤を晴らさんがためにひたすら斬る! 斬る! 斬る!

そして……。

ヤッター!

ヤッター!

ゲームクリアー!!

Lv14にしてアルドゥイン撃破! VERY EASY設定にしておいたおかげで難なくクリアしました。

当然ながらドラゴンスレイヤーの実績もアンロック!

何度もやり直した甲斐があった。ホントここまで長かった。30時間かかると思ったら、80時間オーバーだよ……。

ありがとう、ありがとう! 振りが一緒だけどw

振りが一緒なのがwww ホントありがとう、ありがとう! そしてツンから新たなるシャウトを覚えて、ソブンガルデを去ることになりました。

ホント、あいつはバカだったよ……。俺と同じように(コラ

世界のノドに戻ると、パーサーナックスが沈痛な面持ちをしていました。かつては兄弟だったんだね……。

さらばパーナックス! またいつの日か……。

色々と話を聞いた後で、パーサーナックスはまた空に戻りました。さようならパーサーナックス! またいつの日か会おう!

Skyrimの旅はひとまずこれで終了。後は念願の傭兵稼業に入ります。