極セフィロトを征する前に、まずは真セフィロトでの動きを安定させる

FCの人が極セフィロト周回を果たして武器をゲットしたと聞いて、真すら満足にクリアできない現状をなんとかすべきと思い、FCの人と一緒に真セフィロト周回をしてきました。

1回目は吟遊詩人(Haruさん)、竜騎士(オレ)、学者と白魔術師(SakuraさんとSayoさん)、戦士(R’utoさん)の他にCFから3人で挑みました。既存のギミックを理解できていたためになんとか耐え忍べたものの、最後のほうで落下して見事に見てるだけでした。この時も初見の人がいましたが、その人は線が繋がれた状態(ラツォン)であたふたしてました。

青い範囲(ピラー・オブ・メルシー)には要注意。

この時の自分の敗因は青い範囲攻撃(ピラー・オブ・メルシー)でした。これが出たら中央寄り(できるだけ真ん中)にいれば大丈夫とのこと。

なので、気を取り直して2周目。編成は竜騎士x3(オレ、R’utoさん他1名)、吟遊詩人、暗黒騎士(Haruさん)、ナイト(CFマッチングの人)、学者と白魔術師(SakuraさんとSayoさん)。

魔神の怒りを食らうときは全員平等に。

魔神の怒り発動時は全員集合して攻撃を真っ向に受けてダメージを分散。アレキ律動編にもこれと同じギミックを使うボスが出てくるので、きっちり覚えておきましょう。一人で食らわないように。ヒーラーの負担を増やすことになります。特にオレ。

ピラー・オブ・メルシーには要注意!

巨大化フェーズの後は青い範囲攻撃(ピラー・オブ・メルシー)に気をつけながら、即死ギミックに対処しつつセフィロトを殴ること。即死ギミックと落下に気をつければ大丈夫かと。

CFをやっていてなかなかうまくいかないと思ったら、素直にFC(フリーカンパニー:他ゲーで言うギルド)の人に相談しましょう。一緒に周回できればなお良し!

……って、極ナイツ・オブ・ラウンドと極ラーヴァナまだクリアしてないんだよなぁ(アホだ)。動画を見て竜騎士の動きをきっちり予習してから挑んでみるか。極ラーヴァナはリベンジになりそうです。

さて、新しい武器(ビットフェローズの新キーボードとG402)も届いたことだし、セッティングそのままでPS4に持って行こうっと。ビットフェローズのキーボードはドライバいらずなのでPS4にもってこいだし。