若杉公徳『ライミングマン』第1巻

デトロイト・メタル・シティの若杉公徳が、ギャグとシュートを織り交ぜたラップ漫画でヤングアニマルに帰ってきた!

(以下、ネタバレ注意!)

伝説のラッパー・シャカキングを父親に持つ踏男は普通の高校生として生活していたが、父親の骨折が原因でMCバトルに身代わりで参加。そして、その場で学校でいじめられたMCビガーを怒涛のライムで叩きのめしてしまう。その時から彼はラッパーとなり、ストリートで、ライブでMCバトルを挑むことになる――。

デトロイト・メタル・シティの完結から7年にして、様々な雑誌で経験を積んだ(もちろん、アニマルでKAPPEIも連載していたけど)若杉先生が大爆発ヒットとなった音楽ギャグに回帰。第1巻を見る限りではギャグ色は弱く、ガチのラップ漫画と見まごうほど。

ほぼ同時期に連載が始まり、第2巻が来年1月に発売される個性的な姉弟(兄妹)が入り混じる『双葉さんちの姉弟』も面白いけど(チラ見した感じでは「お前らくっつけ」レベルだったりする)、ラップバトルに出てくるライバルたちは桁ハズレな姉弟(兄妹)たち以上に個性的。中にはクラシック界の貴公子までもが――!

どれだけ主人公が伝説を作った父親を超える活躍を見せてくれるのか、今後が楽しみです。萌え系もいいけど、ギャグ&ラップも面白い!

ライミングマン 1 (ヤングアニマルコミックス)
若杉公徳
白泉社 (2017-11-29)
売り上げランキング: 5,540