勝っていいですとも!

ここ最近メモオフばっかりしかやってなかったので、更新をサボってましたorz

相乗りで勝ててよかった。

こないだと同じように、知り合いといたストで一戦したので、その時の画像を。

CPUと対戦相手の行動を先読みして株を買ったのが勝因ですが、油断していたら負けていたかも。なお、今作のCPUは結構手ごわい……っつーか、かなりずるいです。相乗り覚悟で頑張ってやるしかあるまいて。

明日は外出できそうにないし、久々にForzaでもやってみたいなぁ……。


メモオフ旧作もちらほらと。

折角第1作目~第5作目までタダで手に入れたのであれば、やらない手はないだろうが! ってことで、各作品で自分が気になっているシーンをちらほらと。

Memories Off Duet

第1作目と第2作目、そして関連作品をワンパッケージにしたもの。もともとはPS2で発売されていましたが、現在はPCでのみプレイ可能。PSVitaだとPSP版の1と2を単体でプレイすることができます。

Duetではヒント機能をONにしとけばラクに進められます。

最終作ではマスターになっている信も、この当時は澄空に通っていた一高校生でした。しかし、その後の失恋が彼の人生を大きく変えたのは言うまでもないでしょう。フリーター生活は6で初登場する姉に押し付けられる形でカフェの店長になるのですが、それはまた別の話。

そして、浜咲学園の伝説となったイナケンとほたるの恋物語もDuetで堪能することができます。

後の世界的ピアニストがやる表情じゃねぇよ。

ほたるとくれば、例のエンディングの話なしで語るとしたら「いちごーが、無い」に代表されるほたる的ギャグ。その寒さは、ほたるを心の師匠と仰ぐいのりも「寒いオヤジギャグ」と一蹴にメールするほどです。しかも満面の笑み(アホヅラ)してまで……。これでIFでは世界的ピアニストなのが驚きだよ。

想い出にかわる君 ~Memories Off~

伝説の告白の後、気ままな大学生生活を選んだ正午のもとに突如として現れたカナタと、それを巡る人々の物語。

今作は序盤ではヤローばかり登場します。

シリーズでは一番評判が悪い作品だが(序盤からヤローしか出てこない、静流さんのプロレス談義が長い、などなど)、キュービックカフェのテンチョーは後にYuKuRuのマスターとなった信に大きな影響を与えています。

Memories Off ~それから~

陵(みささぎ)いのりと鷺沢一蹴の突然の別れから始まる、シリーズ第2作の影響が強い作品。こちらもPSVitaとPCの双方でプレイ可能です。『想君』と同じようにカフェを舞台にしつつも、『1st』と『2nd』同様に学園の方の物語も展開されています。

ほたるのオヤジギャグは留学した後であっても絶好調。

そして、留学先から一時帰国中のほたるもきっちり登場。エキスパートを「エキスパンダー」と言ったり、一蹴が生姜焼き作っている最中だと電話口で応対したら「ショウガないなー」とベタなセリフで返すなど、ほたる的ギャグ(オヤジギャグ)は2nd時代に比べて全く変わらず。

また、『想君』でも登場したトビーこと飛田扉は今作では黒幕として登場。CVをやっている人は科学アドベンチャーの生みの親である志倉さんです。最近ではグラスホッパー・マニュファクチャーの須田さんと電撃PlayStation誌上で対談していてゲームクリエイターとしての活躍がメインですが、当時はゲーム音楽の仕事をやりながら声優も併せてやっていました(『メモそれ』PS2版とPC版の主題歌と挿入歌の作詞作曲も! ただしPSP版OPは別の人がやっていますが)。

一応今のところはこのくらいです。強制スキップを使って、メインシナリオだけきっちり終わらせておこうかしら。ただ、ボタン配置を覚えるのが辛い……。

追記:本編はきっちりクリアしました。すべての真相がわかり、二人は元の鞘に……。そしてIFでは……(しかも一蹴との間に子供もいるそうです)。

メモそれのおまけ(ちょっとネタバレあり)

いのり以外の学園ルートを選択し、なおかつ縁ルートを選択すると、カナタが縁とほたるを連れてドライブすることになります。その結果は……カナタは懲りてませんでした(ぇ。

そしてカフェルートを選択すると、卒業式の代わりに一蹴の部屋で卒業パーティーをすることに。ただ、白河姉妹が酒を飲むと大変なことに……。

静流さんは信に関節技をかまし、ほたるはカナタに説教。

信にプロレス技をかましている静流さんはまだしも、後に世界的ピアニストになろうほたるはマルチタレントとして活躍しているカナタに説教。しかも翌朝は姉にフォールをかまされるわ、二日酔いでばったんキュー。20歳以上の方、お酒はほどほどにね(うち含む)。

改版履歴

2018年4月8日 若干文面を修正しました。
2018年4月10日 メモそれの項を修正。


6とゆびきりも始めたよ

PSNowの7日間無料体験を利用して(おそらくそのまま会員になる予定)、メモオフ6とゆびきりを始めることに。せっかくメモオフIFをコンプリート寸前まで進めたことだし。

なお、SSが撮れているのはPCでPSNowのアプリを使ってプレイしているからです。

メモリーズオフ6 ~T-wave~

まずはメモオフ6から。

ポンコツ幼馴染はシリーズ定番……だったが。

#5と同じように正史が存在しない(IFでクロエが出てきているのだが、おそらく正史扱いじゃないだろう)のが特徴で、序盤から登場する幼馴染のりりすも唯笑そっくりのポンコツっぷり……と思いきや!

唯笑と見た目が似てるだけで、性格は狂暴でした。

主人公にケリかましてます。はっきり言って、唯笑を狂暴にした感じでした。見た目は似ているのに。なお、今作はIFでは信をサテンのマスターに仕立て上げた張本人の鈴さんが登場します。

なお、この作品は5pb.(現在のMAGES.)がサイバーフロント(現在は解散している)からメモリーズオフのシリーズの版権を取得して作ったシリーズの再出発の作品となっています。

メモリーズオフ ゆびきりの記憶

次はゆびきり。

まだまだ序盤なので評価は避けたいです。

こちらは正史がきっちり存在する……のかどうかはわからないが、シリーズの中ではIF以上に大変なシナリオになっているのは確か。小さな先生も登場するし、これはこれで。

こちらはXBOX360版先行。フォントなどが従来シリーズからがらりと変わっています。

最初にどちらをやるか……?

どっちもPSVita版を持っていたにもかかわらず、売却してしまってプレイする機会を失った2作品ですが、最初はおそらく6をやることになりそうです。そうしないと話のつながりが見えそうにないし。



メモリーズオフ -Innocent Fille-(3)

Apple Musicでしか聞けないROCK-O-RAMA 2015 -non stop track-ノンストップでhiroが「泣いても笑っても、これが最後! 最後!」と叫ぶシーンがあるけど、本当にこれが最後の作品であることを思い知らされます。ホントに最高なのでぜひ聞いてね!

ホント、いろいろなことが絡み合って真相ルートに入ったのですが、本当に恐ろしいことになっています。

日紫喜瑞羽があの火災で亡くなった”はず”の三城琴莉本人で、あの琴莉は明らかに偽物だった。そして、日紫喜は事の真相をすべて告白した。累の祖父と日紫喜の祖父が友人同士だったことがあり、日紫喜さんは死んだことになって養子に。しかし、お家騒動に巻き込まれた末に彼女も逃れたということか……。

……と、ここまで書いて本日(2018年4月4日)、真相ルートを終わらせました。最後の最後までどんでん返しが待っていて、シリーズの最終作に相応しい出来でした。 

ドメスティックバイオレンスに多重人格、そして殺人を厭わないInnocent Fille(無垢な子供)。だとしたら、あの二人は相当病んでいたってことになるんだろうか……。恋愛AVGでここまでやっていいのかよ! と思えるほどの内容を積み込むとは! これ、CERO:Dでもよかったんじゃないのか? 単なる恋愛AVGと思ったら、見事にやられたよ!

……本当に、先ほどから白文字ばかりになっていますが、何を書いてもネタバレになるので、絶対にやってみてください。損はさせません! PCでプレイするのもありですが、ハードを持っているのであればパッケージ版を買ってPS4かPSVitaでやってみるのも悪くないです。恋愛ものと思ったら、とんでもないほどのシリアスなサスペンスノベルだったよ!!

なお、第6作目と第7作目はPSNowでしかプレイできないのですが、クライアントを入れて料金さえ払えばPCでもプレイできるのでそちらも併せてどぞ。PC版は無料配布が終わったんだよな……orz。

メモリーズオフ -Innocent Fille- - PS4
5pb. (2018-03-29)
売り上げランキング: 109
メモリーズオフ -Innocent Fille- - PS Vita
5pb. (2018-03-29)
売り上げランキング: 1,281

メモリーズオフ -Innocent Fille-(2)

ノエルの別エンドを見ようと思ったら、ダークサイドを終わらせないと先に進めないということが発覚。先にダークサイドに進んでいます。以下ネタバレのため反転。

ダークサイドの前にリーチの変装がばれるシーンがあったんですが、ダークサイドでは本当に琴莉が目の前に! しかし、その琴莉は実は本物ではなく、解離性人格障害を発症した末に現れた琴莉だったことが発覚。途方に暮れた主人公だったが、そこでマスターがかつての話を聞かせることに……。

ええ、ホントに最後の最後まで期待を裏切らない話でした。今作が一番ダークだというのがわかりました。Memories Offルートを終えたのですが、残りのエンディングをすべて回収してからじっくりプレイしてみます。信の長い旅路の終わりを見届けるために、悲しい結末だろうがもう一度じっくりと……。

メモリーズオフ -Innocent Fille- - PS4
5pb. (2018-03-29)
売り上げランキング: 109
メモリーズオフ -Innocent Fille- - PS Vita
5pb. (2018-03-29)
売り上げランキング: 1,281

メモリーズオフ -Innocent Fille-(1)

モンハンは逃げで。その間に別のゲームをやることにしたのですが、白羽の矢を立てたのはメモオフIFでした。PS4版とPC版のどっちにしようか考えた挙句、PC版を選択しました。折角だしPCでもやってみようかと思って、ね……。

そしたら、コントローラーががっつり使えるのね……。ただ、残念なことにスクショなどの主要な機能は使えませんでした。ウィンドウモードを使ったほうが良さそう。

序盤から家の火事で一人の少女を助けられなかったことを悔いる場面があって、「ああ、やっぱり主要キャラの死が関わってくるんだな」……と思いつつ、嘉神川&志摩ルートから……。

(以下、ネタバレを含むのでPSプラットフォーム版とPC版をやってない方は極力見ないように)

続きを読む


メモオフIFを買いたいけど……。

モンハンですが、救援信号を送った後で1乙したものの、ほかのプレイヤーのサポートのお陰で、瘴気の谷のクエストを無事クリアすることができました。そしてプリコネRe:DIVEも、無事3-5と3-6を★3つで突破することができました。素材集めが捗る!

さて、話はメモオフIFについて。

PC版でEDまで行くとバグで落ちるというのを見て、買うのをためらっていたのですが、早いうちにプレイしてモヤモヤを吹っ切りたいと考えるようになりました(レビューが好評なためだったり、攻略してた人が無事PC版全部コンプリートしたためともいう)。第6作目と第7作目はVita版で買っていたのですが、Vitaを本体ごと売却しているので……(^^;。PC版で第6作目と第7作目出してください、お願いします。コンプリートパックという形ならPS4でも可。

となると、モンハンができなくなることを覚悟してPS4のパッケージ版を買うか、モンハンをDL版に切り替えてパッケージ版のメモオフIFを買うか、それともDMMでDL版が販売中のPC版を買うかですが、どっちが良いんだろうか……。

あ~、早く27歳で智也と結婚間近の幸せそうな唯笑を見たいんじゃ~!(このリア充がw Duetながら第1作をやってた人間としては嬉しいけど)

追記:モンハンですが、今のまま防具を作らないと立ち行かないそうで、先に進めなくなりそうです……。リタイアしてXB1版に切り替えたい。

メモリーズオフ -Innocent Fille- - PS4
5pb. (2018-03-29)
売り上げランキング: 114

ロクな未来は見えないな……

うちとガルフレの知り合いとでいたストの対戦をやってみました。自分はライトニング、ガルフレの知り合いがフローラで、そのフレンドがユウナを使っての対戦となりました。

最初はあまり伸びなかったものの、最後の方で株をガッツリ持っていたライトニングとユウナの資産が一気に上昇! 最終的にはダイス運に恵まれた自分の逆転勝ちでした。

……一方、モンハンは……。

自分が2乙してるならダメだ……。

瘴気の谷の底に潜むモンスターを狩ろうとするも、2乙して見事にディスクを取り出す羽目となりました。誰か助けて。このままだったらXB1版を買うかも。

モンスターハンター:ワールド - PS4
カプコン (2018-01-26)
売り上げランキング: 3
Monster Hunter World (輸入版:北米) - XboxOne
Capcom Entertainment(World) (2018-01-26)
売り上げランキング: 767

窪茶『辱―断罪―』下巻

やっと読めたけど、これで終わりなのか……? あっけないぜ。裏サンデーで読んだのでどうなるか分かってたけど、単行本で読むとあっけなかった。

※※※警告※※※

この作品は残虐描写が多く含まれます。残虐描写が苦手な方は、決してこの作品を読まないでください。また、実際に漫画内で描かれている残虐行為を行った場合、日本国内の法律に基づいて刑事罰に処せられます。あなたの人生を無駄にしないために、この作品に描かれていることは決してマネしないでください。

また、ネタバレが怖い方は、絶対にこの先は読まないでください。

続きを読む