道内震撼! 鼓田ミナレ、ラジオDJデビュー! 沙村広明『波よ聞いてくれ』第2巻

ミンフィリアの復活劇の前にこちらを先に。……ってか、明日はアフタヌーンの発売日でもあるんだよなぁ。

カレーショップ『ボイジャー』店員・鼓田ミナレ25歳、ついにラジオDJデビュー。突如第1回放送が決まり、ラジオ局に向かうのだが……?

今回は第9話~第16話(先月発売号)まで一気に掲載。明日雑誌で続きを読めるのが嬉しい。

(以下、ネタバレ防止のために格納します)

各話のあらすじ

今巻のカバー裏は第1回の放送原稿です。タイトルが見事に韻を踏んでるなぁおい。

第9話 『生かして返さない』

ラジオ局に行った途端誕生日お祝いを受けるミナレ。しかし、ラジオDJデビューとなる第1回放送は放送事故を装う形でのスタートに! ……嫌な予感しかしないんだけど。

第10話 『お前を飢えさせない』

架空実況絶好調! なのはいいが……。

画像は掲載時の記事から。カバー裏にもキチンと書いてあるよ!

脚本はなんと手抜き。第1回の生原稿もカバー裏にあるけど、こちらも半分までしか書いてませんでした。ただ、このことがきっかけとなって光雄と再会することに。

第11話 『君に会いたい』

カメがフンで目を覚まし、ネットを見ては第1回の放送の評判に驚き、そしてミナレを捨てた光雄からも連絡が!

カメのフンで目を覚ますヒロインってはじめて見たよ。

第12話 『お前を離さない』

光雄からメールが来た途端にミナレの殺意がMAXに。マジで猟銃買ってぶっ殺そうとしてたのかよ!!

無論そうなることもなく、ICレコーダーを手に持って光雄との会話を録音することにしていざ決戦へ。

第13話 『お前を信じない』・第14話『君に甘えたい』

光雄とデートするミナレだが、その帰りに光雄が競馬で50万を溶かしたことが判明。ギャンブルはほんとに辞めとけ(うちの会社でもギャンブルやって差し押さえ食らった人が居るのだ)。

半額の25万円は返してもらったけど、光雄にはきついお仕置きが待っていたそうな。当たり前だな、うん。そしてここで電波攻め第2弾の予告が。「光雄を埋葬しろ」にすべてのヒントが……!

第15話 『お前に繋がらない』

光雄からもらった金で南波さんの部屋から退去する決意が固まり、店は中原カラーに染まりつつあるけど、城華さんのことがあってにっちもさっちもいかないまま。

親子共々破滅的な生き方してるなぁ。

そんな時に父親に電話をかけてしまい、父親もあのラジオを聞いていたことが発覚。親子揃って破滅的な生き方してんなぁ……。

第16話 『俺は亡びない』

ついに第2回放送の日、9月20日がやってくる。

顔は豚と猿だが音効の腕は確か。

誰かの声を光雄そっくりに加工し、小道具を利用して生ラジオドラマをやるために、伝説の音効を呼び出すことに。顔が本当に豚と猿そのまま! しかも加工豚は片目が見えず。そこまで夏侯惇そのままかよ!

加工豚が雨音、加工猿が土を掘り返す音、南波さんが雷の音を担当して光雄を殺害して埋葬する内容の生ラジオドラマを放送するのだが――この続きは明日発売のアフタヌーンにて。

未練を振りきったミナレのラジオDJの道はどうなる?

第1回と第2回の放送時点で光雄に対してラジオを通しての炎上劇を仕掛ける麻藤のオッサン、そしてそれにうまいことノセられるミナレ。明日発売のアフタヌーンでは「奇跡が起きるべさ」とのアオリで終わってるのだが、そのとおりになるのか期待。第2巻ではゲイな店長はまだ入院中だけど、第3巻では戻って来るかも。

なお、今回は第1巻ではページの都合上入らなかった描きおろしイラストもいくつか入っていますし、札幌ガイドもついています。ミナレの店はすすきのの中にあって、かなり善戦しているそうです。俺は……いかがわしい店も気になるけど、スープカレーを食ってみたい。カレー自体去年12月以来ご無沙汰しているし。

明日はアフタヌーンの発売日。げんしけん二代目とセットで続きが気になる!

波よ聞いてくれ(2) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2016-02-23)
売り上げランキング: 6

漫画

Posted by 蒼月未来