コロコロを作った男たちは熱かった! のむらしんぼ『コロコロ創刊伝説』第1巻

こないだ記事にした『連載終了!』で、巻来先生が小学館に持ち込みに行った時に担当者からコロコロの編集部を紹介されるのですが、そこで漫画を描いていたのが今作の作者であるのむら先生です。

時は1977年。小学館の学年誌は黄金期を迎えていた。一方で児童向け漫画は誰も見向きもしない風前の灯――。そのような状況のもと、今は亡き千葉和治初代編集長が「ドラえもんを中心にして小学生が夢中になる新しい漫画誌」を後に三代目編集長となる平山隆氏とともに生み出した。それがコロコロコミックの始まりだった。

それと同じ年に、のむら先生は平山氏に拾われてコロコロコミックで当時人気のあった『ウルトラ兄弟物語』のかたおか徹治先生のアシスタントとして初仕事をこなす。その後、受賞作でデビューを果たすも呆気無く打ち切り。その次に描いたのが受験漫画の『とどろけ!一番』で、これが最初のヒット作となるのだが――?

のむら先生の過去の話とコロコロの創刊の話も交えつつ(『ゲームセンターあらし』誕生秘話もあるよ!)、そこにのむら先生の現在の状況が入り混じって話が展開していくのですが、絵がつるピカハゲ丸時代と全く変わらずにこれほど熱い漫画を読めるとは! 生きていて良かった!

『連載終了!』の中でのむら先生が巻来先生に「オレ達の仲間になって一緒にやろうよ」とコロコロに誘っているシーンがあったんだけど、もしここで仲間になっていたら別の人生が待っていたんだろうなぁ。機会があれば、のむら先生から見た巻来先生の話をぜひ描いていただきたいです。

次の巻……と言うより、最新号では『とどろけ!一番』の連載終了も描かれているので、こちらもきっちり読みたいけど、雑誌が本屋に残っているかな……。なお、おまけとして師匠に当たる弘兼憲史先生との出会いを描いた漫画も収録されています。こちらも必見! 本当に不肖の弟子だったんだなぁ。先生のためにもぜひ買ってください! お願いします!