知るかバカうどん『君に愛されて痛かった』第1巻

とにかく「ヤバイ!」、その一言だけです。

(以下、ネタバレ含む)

序盤から横たわる女子高校生の死体。そして、彼女を恐る恐る見上げるのは警察に連行される少年の姿――。

最初から「ヤバイ!」と思ったのだが、本編の重さはカラー見開きのそれを上回る。

かなえは中学校時代に苛烈ないじめを受け、その結果心を病んでしまう。高校に入ってからは、自らの承認欲求の末に援助交際を繰り返し、家族にも冷たい目で見られる始末。ある日、彼女が援助交際をしていた現場をカラオケで出会った他校の男子である寛に見られてしまう。かなえは最初は寛に拒否反応を示すが、優しくしてくれる寛に恋するようになる。

しかし、そのことがきっかけで彼女は中学校時代と同様にいじめに遭う。そしてそのことが、最終的に彼女自身が命を落とす悲劇の幕開けとなろうとは……。

苛烈ないじめが原因で心を病んだ少女。Fallout4のオフィシャルトレイラーの「人は、過ちを繰り返す」(英語では”War never changes.”で、直訳すると「戦争は何も変えることができない」という意味になる。ガッツリ意訳されているなぁ)の一言に集約されるように、彼女は中学校時代と同じような経験を高校でも繰り返してしまう。そして最終的には……。

作者特有の苛烈なゴア描写は、一般誌に移ってもそのままだった(DMMやDLSite.comの立ち読みでちらほら読んでいたから、ちょっとだけ知ってる程度。オチまでは知らないです……)。余りの過激な描写から雑誌連載を途中で打ち切られ、電子媒体での再開となったが、むしろ電子媒体こそが今作を発表するに相応しい。

少女の小さな願いが、やがて彼女自身を破滅に追いやる――。読後感は最悪だが最後まで気になるので、全部読むしかない!

なお、発売に際してクジラックス先生と作者との対談がねとらぼに掲載されているので、気になる人は是非読んでください。

「現実の方がむごい」 “ヤバいマンガ枠”扱いされる“知るかバカうどん×クジラックス”の白熱対談 (1/2) – ねとらぼ

君に愛されて痛かった (BUNCH COMICS)
知るかバカうどん
新潮社 (2018-06-09)
売り上げランキング: 480

漫画

Posted by 蒼月未来