知るかバカうどん『君に愛されて痛かった』第2巻

一人の幸せを奪い、その代わりに誰かが幸せになる。幸いなのか、それとも不幸の始まりか……。

第1巻の終盤で、かなえは中学校時代からの知り合いである鳴海にある頼みごとをする。それは、寛に思いを抱いている一花を無茶苦茶にすることだった……。

幸せそうな家族、そして友人を持つ一花に対して強烈なコンプレックスを抱くかなえはそのことを鳴海に打ち明ける。

生活保護者や外国人が住む団地に住み、承認欲求を満たしたいがために援助交際を続けるかなえ。それに対して一軒家で家族と一緒に暮らし、それでもなお満ち足りない一花。香苗にとっては我慢の限界だった。そして、ついに鳴海は不良仲間とともに一花を拉致し、鳴海の不良仲間は車中で一花をレイプする。当然ながら、鳴海もその輪の中に加わったのは言うまでもなかった。

一花はこの一件が原因で不登校になり、かなえは一花を中心としたグループのリーダーとなる。かなえは寛が出る野球の試合にも顔を出したり、やっとのことで得た友人たちと一緒に遊びに行くなど、充実した毎日を送るようになった。とはいえ、人との接し方がわからない彼女は新たな火種をまき散らしてしまう。

そして、かなえの寛に対する思いは、中学校時代にいじめを受けてからの付き合いだった鳴海にも知れ渡ることになる。そして、鳴海は練習から帰るところだった寛を襲い……。

いじめた相手に対する復讐は、新たな悲劇を生み出してしまった。かなえは幸せな高校生活を謳歌しているが、それもひと時の安らぎでしかない。やがて彼女自身が命を落とすことになるとは、その時は思いもよらず……。

一見幸せそうに見えて、そうは見えないかなえ、そして彼女を取り巻く人々――。優しそうだった鳴海は所詮ヤンキーでしかなかったり、レイプされた一花が不憫に見えたり……。読むのに耐えられない描写が続くけど、それでも最後まで読みたい。読み通したい。作者の対談記事を読んだ自分としては、もうこのまま最後まで突き進んでほしい。誰も幸せになれない恋愛ものがあってもいいじゃないか。

なお、巻末にはバンチで掲載された番外編が掲載されています。不良少年の鳴海とかなえの出会いの話になっていますが、先ほどちょっとだけ触れた彼女が住む団地の話も出ています。本当に天と地の差だわ……。

君に愛されて痛かった (BUNCH COMICS)
知るかバカうどん
新潮社 (2018-10-09)
売り上げランキング: 365

漫画

Posted by 蒼月未来