柴田ヨクサル『カイテンワン』第1巻

9月に出ていたのに買うのを忘れてたよ……w。

星ノ下学園に通う墓場巫子が番長たちと争う中、最後の相手となった木場シンは自らを縛って戦うことに。しかし、彼は第二次大戦の末期に米軍相手に立ち回った人間兵器の末裔だった! そして突然襲ってくる妖怪! そして星ノ下学園が対妖怪の前線基地だったことも……!

って、まるっきり前作の『妖怪番長』と同じじゃないか! と思ったらそうでした。そして、幻の作品となった『巫鎖呱』と時間軸が一緒だったりもします(てかこっちは未読。再販希望)。

カイテンワン(1) (イブニングKC)
柴田 ヨクサル
講談社 (2017-09-22)
売り上げランキング: 41,305