はじめてのギャル第17話『はじめての密室』+第18話『はじめてのショッピング』

メモオフ6(2本セットのVita版)とゆびきりの記憶(こちらもVita版)とセットでカオスヘッドらぶChuも買いました。あとはからあげ(『Memories Off~それから~Again~』。PS2でプレイ済み)と#5 encore(AfterRain同様未プレイ。今回が初となる)を買えば男性向けのシリーズ10作品はフルコンプとなりますが、来月に入ってからになりそうです。おかげで来月1日に予定していたデレマス漫画版はキャンセルするはめに……;;。

いい加減前置きはここまでにしてはじギャルの感想行きます。八女さんの警告通り、本城さんに童貞を狙われる危険がつきまとい始めた羽柴。迷った挙句、羽柴がとった行動は……?

(以下、ネタバレ注意)

前号の通りに見事に本城さんに狙われて密室に誘われた羽柴。しかし、本城さんが八女さんにけしかけて胸を触らせた事がわかって羽柴は茫然自失! ちなみに、7月号のラストで八女さんはけしかけた張本人である本城さんに電話で文句を言ってたので、八女さんは本城さんと違って中身は真っ向な女子です。これは保証します。

一方で女子のことが気になっても一切行動に移さない男子連中は、茫然自失状態の羽柴に一緒にプールに行って忘れようと提案。こいつらいいやつら……じゃねーよなぁ。どうせ女の子を見てるだけでエロ本見てはドン引きされる連中だしなぁ……。うちなんて行動の「こ」の字も出来ないチキンなおっさんだよ;;。

そしてショッピングの帰りに、ついに羽柴は八女さんに別れを切り出す。一方の八女さんは呆然自失。……となると、八女さんは羽柴に対して本気になってたんだろうなぁ。どこまでも純粋すぎるよ。見た目はコギャルだけど!

自分から別れを切り出してしまい呆然自失のままプールに行った羽柴だが、そこで八女さんと出くわしてしまい……といったところで今月号は引き。

八女さんは本城さんにけしかけられているとは言え、羽柴以外の男子には決してなびく素振りは見せてないのは確か。八女さんを手放すのはもったいないよ。オレだったら本城さんに「八女さんを惑わせないでください!」と言うけどね……。

来月号では羽柴がどんなことになるのか。待っているのは修羅場か、それとも……? そろそろ単行本2巻が楽しみです。

はじめてのギャル (1) (カドカワコミックス・エース)
植野メグル
KADOKAWA/角川書店 (2016-05-24)
売り上げランキング: 4,583