史上最低のシモネタ時代劇! 田中圭一『Gのサムライ』

※※※※※警告※※※※※

この漫画は18禁ではありませんが、下ネタが大量に含まれています。下ネタに耐性のない人はここから先は読まないようにお願いします。また、内容のネタバレも含みます。下ネタに耐性がある方、ネタバレがあっても大丈夫な方は、「続きを読む」をクリックしてお読み下さい。

果たし合いの結果島流しとなった武士・品場諸朝(童貞)とニシキゴイと致した末に島流しになった貴族・腹上院魔手麻呂(童貞)。二人が脱童貞を果たすために様々な手を使うのだが、結果は想像の通りひどいオチが……。

毎回毎回脱童貞を果たそうとする→痛い目にあってTHE ENDとなるのがお約束で、様々な動物に貞操を奪われるのは当たり前。おまけに○○の○(自主規制)にイカされることも……。だけどこの二人は童貞卒業するどころか最後までそうならず。むしろそれが良い!

田中圭一先生と来れば今では手塚先生タッチを始めとした様々な漫画家の絵柄をコピーするイタコっぷりで知られているけど、元来の絵柄(本宮ひろ志先生の絵柄や手塚先生の絵になるところもあり)を存分に活かしてここまで爆笑ものの漫画をやってのける。さすが田中先生、下ネタ漫画では文句なし! トーチweb掲載時にサーバをダウンさせるのも納得です。読みたくてもサーバダウンした時ほど無念なときはなかったよ!

いやー、本当に面白かったよ! 下ネタ耐性があれば、何もかも忘れて笑いたい時にはこれ一冊。カバー裏までネタを仕込んでくれるなんて。最低だよ(褒め言葉です)。