木尾士目『げんしけん二代目の十二』第21巻

本日(2016年11月22日)の朝に発生した地震の影響で、会社から急きょ休みを言い渡されました。幸いにも地元は津波の被害がありませんでした。ご心配をおかけして大変申し訳ありませんでした。

波よ聞いてくれの第3巻とセットで入手予定でしたが、地震の影響で会社が休みになって入手できませんでした。そうなることもあるかと思い、予防線を張って電子版をBOOKWALKERで予約して入手。その代り、アニメ化が決定したはじギャルが掲載されている少年エースの予約を取り消す羽目に……。こちらはWebMoneyを買って(12月の復刻ガチャ代のために)、来月からまた予約に戻します。

(以下、いつものようにネタバレ注意)

第122話『股旅』

斑目さんは誰も傷つけたくない一心で、全員の誘いを断ってしまう。そしてクッチーにキスされてしまうのだが、こちらにはちゃんとオチがついてます(クッチー即寝落ち)。

しかも四コマではスーが龍馬伝の真似をしてやがる……。大河見ておるな!

げんしけん二代目第122話『股旅』

第123話『見よ 男の生き様を』

スーの「チカノ保護ガ最優先!」が雑誌ではひらがな表記だったのですが、単行本ではカタカナ表記に戻っていました。この回では、初代げんしけんからの伏線だった笹原の同人誌の借りパクが見事に回収されました。

四コマでは吉武の歴史うんちくが炸裂する場面もあります。真田丸の感想はどうなんだろ?

げんしけん二代目第123話『見よ 男の生き様を』

第124話『とあるサークルの一方通行(ワンサイデッド)』

再び矢島の部屋での飲み会。きっちり半ズボン履いてたのねw。

げんしけん二代目 第124話『とあるサークルの一方通行(ワンサイデッド)』+今月号のアフタヌーン

第125話『High Slope Flower』

わがままから全員を振った斑目さんが春日部さんにほだされて、ついにスーに告白するのだが……? タイトルがいろいろと意味深ですが、果たしてどうなるかちょっと気になる。

飲み会では久我山が漫画家になっておけば……と、後悔をにじませる一幕も。なお、田中は人脈を築いてました。やりおるわ。斑目さんの新居は本当におんぼろなのね……。

げんしけん二代目 第125話『High Slope Flower』+α

第126話『ラ・カンパネラ(告白3)』

ついにスーに告白! 斑目さん、独り身からだけではなく、大学からも離れました。

なお、スーは早々に帰りましたとさ。

げんしけん二代目 第126話『ラ・カンパネラ(告白3)』

第127話『げんしけん二代目』

現視研最後の男オタであるクッチー、ついに卒業。そして現視研は新たな段階へと入るのだが、これに関しては残念ながらまたの機会に……。

げんしけん二代目 第127話(最終話?)『げんしけん二代目』+α

『肉と欲望の追い出しコンパ』

これまたスポフラにつながりかねないオチを……(スポフラでは赤ちゃんの名前が「咲」だったから、下手すりゃ春日部さんの誕生秘話の可能性もあるけどさ)。

結局、クッチーは女性に一切近寄れずに卒業する羽目になりましたとさ。頑張って非モテの道を歩むべし。

二代目の物語、これにて完全終了。そして……。

これにてげんしけん二代目は終わりとなります。最後に大逆転劇が待ち受けていたのは正直驚いたよ。

大震災でネットゲームができなくなって、その繋ぎとして漫画の感想などを始めたんだけど、まさかここまで長続きするとは思いもよりませんでした。他にソシャゲや家庭用ゲーム機のプレイ日記もちらほら書いていますが(ソシャゲに関してはチアリーダーに釣られてガチャ回しまくったのをネタにできた。全部集めるためにも2016年3月に復帰すりゃよかったと思うけど、その時のガチャで爆死せずに済んだと思うと、正直ほっとしています。潔いくらいにチアリーダーが出たんだから!)、そのきっかけを作ったげんしけんには本当に感謝しています。

あとはスポフラがどうなるかですが……、ま、大丈夫でしょう。早いところ楽園を買っとこうかしら。

ともあれ、これでげんしけん二代目の感想はおしまいです。また逢う日まで! ……明日時間があったら街に行って、げんしけん二代目の紙の単行本と波よ聞いてくれの第3巻もセットで……。

追記:本日(2016年11月23日)に書籍版をやっと確保しました。初版限定で、アフタヌーン2016年10月号についてきた小冊子もセットでついてきます。「またいつか、会える日まで……!」の言葉を信じつつ、スポフラを楽しみにしましょう。

げんしけん(21) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2016-11-22)
売り上げランキング: 8

漫画

Posted by 蒼月未来