本編よりもOVAのほうが面白かった。木尾士目『げんしけん二代目の六』第15巻(+OVA『ボンノーはとめどなく』)

最初は『ボンノーはとめどなく』単体だけかと思ったら、『スージーもいっしょ』+4コマもセットでした。注文しておいてよかったよ。

先に15巻についてですが、連載分で全部バラしているからいいとして4コマ。

スーは意外にも格闘技が得意なんだが、漫画やアニメを見て真似してたそうな。詳細は追記にて。

それ以外については……ごめん、雑誌掲載時に書いたのでカットさせてください。

続いてDVD収録のOVA。こちらは原作100%の仕上がりで文句なしでした。

アニメで初めてスーの留学に至る前日譚が語られようとは……。筆頭のオギー懐かしいです。

欲を言えば前の声優さんのほうが良かったけど、今回ばかりは川澄さんよかゆかな様がすんなりハマりました。いい発音だし。
(川澄さんの大野さんだと若干日本人英語だったよーな……)

この時をきっかけにスーが日本への留学を決意し、そのまま椎応大学に入って現視研に入部するのだけど、それは別の話。できれば合宿の話もやって欲しいです。アニメ化されたのが成田山初詣だけじゃつまんないし、できれば卒業まで。

最後に今回のカバー裏。

スーがぜかましちゃんで、大野さんは妖怪食っちゃ寝(赤城さん)だそうです。AmazonのWinタブ特集ではぜかまし推しだったけどね。

スーがぜかましちゃんの格好をしています。

大野さんは赤城さん(別名妖怪食っちゃ寝、もしくは大食艦)。自分もやっていますが、DQXやっている手前さぼりがちです(というかINすらしてねぇ始末)。小島紗センセや藤島先生もはまってるってのに……。

げんしけん 二代目の六(15) (アフタヌーンKC)
木尾 士目
講談社 (2013-12-20)

おまけ:

スーとくれば格闘技だが、それをどうやって覚えたのか気になる人もいるのでは? その答えは今回の4コマで明らかに。

ざっくりまとめると、「漫画を読んで真似しているうちに習得した」というのが正解でした。11巻の巻末描きおろしでもそれらしい話になっていましたが、今回改めてその通りだったなぁと……さすがだよ。

以下、元ネタ一覧。

「第86話・その後」

『エアマスター』(『えあ』と書いてあったから、おそらくそれかも)を読んだあとで、机を片付けて必死で真似ていた。その次の4コマでは指ぬきグローブを自作して腕を振り回していた。おまけにタイトルには「17巻」と「22巻」と書いてあったそうな。……読もうかな。電子書籍で(ぉぃ。

「第91話・その後」

「無空波」は『修羅の門』に出てくる陸奥圓明流の奥義の一つ。タイトルのところでググったら一発でした。

一言。

スーはモノマネが上手すぎです。日本に来てからは更にパワーアップしているのですが(『らーめん才遊記』の「ピッコーン!」もだけど)、連載終了までどこまで行けるか心配です。

コメント

  1. 先刻 より:

    dvdこれから見るので楽しみですー!
    カバー裏の「ぜかまし」。
    アニメの予告で田中が「あれはスーにコスプレさせたい」と言ってたけど、それをここで実現とは心憎いですw

  2. みっくん より:

    >先刻さん
    DVDはかなり良かったです。
    あとは合宿が……。
    確かにアニメでも言っていましたね。
    出来ればどこかでスペシャル版でやった時にもう一度見てみたいものです。ってか木尾先生どこまでやる気なんだろ。