げんしけん二代目第125話『High Slope Flower』+α

アフタヌーンと少年エースが同日発売となりましたので、今回はげんしけん+アフタヌーンの感想とセットではじめてのギャルの感想もお送りします(少年エースははじめてのギャルのためだけに買っているので……)。

サブタイから不安な予感が。

Spotted FlowerからHigh Slope Flowerって……、セルフパロディやないか!!  今月号はついに斑目さん達の代が揃い踏み。

(以下、『げんしけん二代目』と『はじめてのギャル』のネタバレを含みます。閲覧には注意してください)

久しぶりのげんしけん初代メンバー集結!

かなりのボロアパートじゃないか……。

斑目さんの新居は築50年のボロアパートで、しばらくはフリーター覚悟とのこと。就職を狙うとしても、おそらく公務員あたりか? 斑目さんが全員を振ったことについては他のメンバー(田中、久我山、高坂、笹原)に知れ渡っていたが、最大のチャンスを逃したことだけは確か。こっちなんて出会いの「で」の字もないんだよ……;;。

オタ営業に引っかかってしまったじゃないか……。

久我山はお気に入りのキャバ嬢が見つかって、そのままキャバクラにハマってしまった(オタ営業に引っかかった)。笹原妹もそれで斑目に目をつけていたのかよ……。

アンタのせいだw

そして久しぶりに登場した笹原はというと、斑目さんが全員を振ったせいでスーがアパートに入り浸りに。おかげで荻上の部屋に行けずじまい。

斑目さんだけが歩みを止めている中で盛り上がるかつての仲間たちとのリア充トーク。それが嫌だった斑目さんが昔の自分を取り戻す! と叫んだところで高坂と春日部さんがセットで登場。高坂再登場は5年振りじゃないか。

後悔先に立たず。

そこで高坂が「咲ちゃんが妊娠した」と嘘を言った途端で斑目さん狼狽。

斑目さんの本音はやっぱり高坂が言ってた通りじゃないか。そうなると、恵子が春日部さんに告白させようとしたのは、オタ営業に引っ掛けようと罠を張り巡らせたんじゃないのか。目論見通り上手く失恋したところで失恋の傷口に塩を塗るように店に誘ってしまえば……。

春日部さんにはなんでもお見通しだった。

斑目さんが全員振った事情を全て知っていた春日部さんだったが、スーに対して明確に断ってないことを見ぬかれてしまう。そしてスーに電話してもらうことになるのだが……?

結局、斑目さんは女性から逃げたかっただけなんだろうか。距離が遠いアンジェラとオタ営業に引っ掛けようとした恵子はともかく(波戸は男同士になるので現実的には厳しい)、スーにまでノーを言うようであれば……。

来月号ではついにスーの本音が明らかに。スーが斑目さんの本当の気持に気づいている可能性があるかもしれないが、そうなれば今月号のタイトルの意味も……!

その他の今月のアフタヌーンの連載

+αは同日発売となった少年エースからです。

新連載の『ライフ2 ギバーテイカー』は女性の復讐劇。第1話を読んだだけでもひりひりするぜ。もう一本の『球場三食』は球場のウンチクがたっぷり。野球観戦のお供になるかも? ここらじゃコボスタがあるんだけどね……。新しい監督になっても低迷してばっかり。楽天はついてねぇ。

波よ聞いてくれ 第21話『湯煙は隠さない』

いつも泥酔して帰ってくるミナレを介抱していた沖さんに秘められた過去の話が明らかに! そして、ミナレが天井裏で見たものは……?

最後の煽り文がヒドいことになってるよ。編集者の叫びじゃないか。

ぼくは愛を証明しようと思う。 第7話『利己的な遺伝子』

ついに単行本第1巻が7月発売!

今回から第3章『はじめてのデート』に入ります(原作のp155~178)。『利己的な遺伝子』を読むように勧められた渡部だが、その一方で女性を誘う段取りに……。ついに渡部はもてない自分に別れを告げ、イケメンじゃないけどモテる男(と、転落と再生への片道切符)を手に入れることに――。

『アルジャーノンに花束を』のチャーリィと同じ道を歩む(そして再生への道も)渡部。果たしてうまくいくのか。斑目さんもこれを読んでいれば……(^^;。

はじめてのギャル 第13話+第14話

こちらは同日発売の少年エースから。エースはアフタヌーンと違って、しおり機能と目次機能がないのが不便です;;。今月号もはじめて買った先月号と同じく2話連続となっています。攻めているなぁ。

第13話『はじめての保健室』

前回のラストでうっかり八女さんの胸を揉んでしまって怒らせてしまった羽柴だったが、彼女と出会って逃げ出す始末。そこで転倒して八女さんに保健室に連れ込まれることに。

見た目によらんなぁ。

八女さんはクラスの保健委員だったのは意外だった。人は見た目によらないとはまさにこのこと。このことがきっかけで彼女の家に行くことに。

第14話『はじめての八女さん家』

一気に事が進むのか? と思ったらそうはならないのがラブコメディのお約束というもの。

先月号のラストで八女さんが電話してたのは彼女か?

見知らぬ誰かが入ってきて羽柴を誘惑してくる! 彼女が八女さんをギャルに染め上げた張本人なのか? これまた来月に……って、エースはアフタと一日遅れになるんだよなぁ。ヤキモキするぜよ。

続きは来月26日に! ……その頃には『終末のハーレム』の続きもあることだし。

漫画

Posted by 蒼月未来