げんしけん二代目第123話『見よ 男の生き様を』

みなさんは覚えているでしょうか。笹原さんが探していた同人誌のことを。

数年がかりでひとつの伏線がついに回収されます。

今月号は笹原の探していた同人誌の行方が明らかに。今の一年生たちが知らない現視研の過去。以前の現視研は漫研やアニ研になじめない男オタクたちのサンクチュアリだったんだよなぁ……。

(以下、ネタバレ注意)

クッチーの身辺整理

ついに部室に戻った現視研一行。

元ネタがわからん(^^;

コスプレするスーが荻上会長にくっつくのも日常茶飯事……なんだけど、今回のコスプレの元ネタはわからなかった。波戸は腐男子を突き詰める決意をし(これがSpotted Flowerにつながっていくんだろうなぁ)、荻上会長はネーム(=就職活動)に勤しむ日々。現視研もすっかり変わったなぁ……。

そしてクッチーはと言うと、卒業に伴う身辺整理で再び部室へ。女子は誰も知らない同人誌のロッカーから自分の同人誌を取りに来ていたのであった。身辺整理の話はだいぶ前になったけど、その時の逸話が今回の騒動に繋がるわけでして。

CV:福山潤(二代目準拠)

しっかし、この顔でしれっと言われるとグウの音も出ないよ。まぁ、中の人は福山潤さんだし……(二代目準拠で)。

いつもあんな調子だから……

そこでクッチーの同人誌借りパク騒動が発覚! そして笹原が持っていた同人誌で行方不明なのが、葉牡丹堂のくじアンエロパロ本で『アトモスバランス』という題名だと判明。但し、こちらは騒動の渦中にあるクッチーは持っておらず。果たして誰が持っていたのかというと……、

犯人はアンタか~!!

なんと、ちょうどいいタイミングで来た斑目さんだった。斑目さんも引っ越しするらしく、部屋の整理をしていたんですが、そのタイミングで同人誌を何冊か発見。その一冊が笹原が探していたにも関わらず見つからなかった同人誌でした。犯人は斑目さんかよ……w。

結局、被害を受けるのはクッチーだった。

で、クッチーがその同人誌を借りようとしたら羽交い締めしていたスーからお仕置きを食らったのは言うまでもなかった。クッチーは普段が普段だからなぁ……。卒業まで問題の一冊はクッチーの元に置かれることになったけど、そのまま借りパクされそうで心配だなぁ。なにせクッチーは成田だし……。

来月号は吉武妹? それとも春日部さん?

いやー、今回はげんしけんらしい話でよかったよ。とは言え、このやり取りもあと少しで終わりとなると……。斑目さんも引っ越しすることになり、そしてクッチーも椎応大学を去る時が間近。長い時間をかけて部室に戻ったと思ったら、別れの時がもう目前。来月号はそんな中で誰かが登場予定。春日部さんだったらいいんだけど、ここで吉武妹が出てくれれば嬉しいよなぁ。

もうすぐげんしけん二代目もフィナーレ。最後まで見届けたいです。来月号からはラブコメもスタートするし、藤島先生の新連載も始まるし、楽しみが尽きる気配がありません。