げんしけん二代目第102話『斑目改 キャ号突撃戦』

今回のサブタイも『艦これ』からって……2号連続だよ!! 今月は先月から続く斑目さんメインの話の続きです。一年生ズは登場しませんので、あしからずご了承ください。

まずは失恋してからのお話を

斑目さんは学園祭で春日部さんに告白したものの、高坂がいるからの一言であっけなく失恋。その後斑目さんは会社を退職し、現在は仕事探しに勤しみつつ(第97話『おひっこし』にて確認済み)マンガにゲームに……と相変わらずの様子。

恵子は斑目さんが春日部さんに未練があることを見通して店に来るよう促すが、当の本人は乗り気にならず。波戸は一旦斑目さんへの気持ちを封印するも、冬コミのことがきっかけになり、現視研にいる間は女装するようになった。そして斑目さんはアンジェラ達から逃げようとして二度目の骨折。

時は過ぎて2月。吉武妹の受験も終わったバレンタインデーの日。斑目さんは波戸から本命チョコレートを貰ったのだが、声には出さなくとも喜んでしまう。

心境の変化に戸惑った斑目さんは久我山(以下クガピー)と飲みに行き、一緒に恵子の居るキャバクラに突撃することになるのだが……。

さあ、今月号はこの続き。果たしてどうなることやら!

(以下、ネタバレ含むため格納。電子版でもいいから買ってね! Kindleもいいけど、BOOKWALKERもオススメ。パソコンでも読めるし、HTML+Flashだし、AIRランタイムを入れるだけだし。今回は台詞を引用するのが辛いので、画像込みです)

斑目改 大破

恵子にもチャンスを与えてやるべきとクガピーが進言したのをきっかけに、恵子の居るキャバに行くことになった斑目さん。しかも店は立川から電車で10分にある八王子にあった。六本木じゃなかったのかよ。

斑目さんは恵子を指名したが、クガピーはフリー。

最初は愛想よくしていた恵子だったが、波戸の話になるや否や態度が急変!

やっぱりいつもの恵子だった。

いつもの恵子に逆戻り!

波戸をきっぱり「男」と言いやがった(まぁ、オタク文化に詳しくない人間からしてみればそうだよね……。オタクのほうがマイノリティなんだし)。

斑目さんを失恋させたのはお前だろうが!

しかも波戸をクズ呼ばわり。腐女子(腐男子?)である以前に、天然を装う波戸に関わるとロクな事にならないと警告。これが失恋に追い込んだ人間(ヤツ)の台詞(セリフ)かよ! と言いたいところだが、その真意は次のページで明らかに。

恵子は春日部さんの気持ちを分かってたんだな…(汗。

恵子が言うには、春日部さんはまだ斑目さんのことを気にかけていることだった。

斑目さんは「春日部さんは自分のことを好きじゃないんだ。だから何やってもいいや」と思ってヤケになっているが、春日部さんはそうじゃなかった。恵子の気持ちがよく分かるわ……。ってか恵子、今まで誤解してスマヌ!

斑目さん、やっぱり春日部さんにフラれたのが原因で会社辞めちゃったんだね……orz。潰れかけている会社だったから仕方ないか。

そして斑目さんは恵子にほだされるように安めの酒をかっくらい、店の中で泥酔。気がついたら午前3時過ぎで店は閉まったそうな。飲み台はクガピーが全部支払い、店を後にする斑目さんと恵子。

ネットカフェに泊まりに行こうとしたら、斑目さんは恵子の部屋に誘われ……。

曳航、そしてメンテナンス……え?

一言で言うと、申し訳ない! の気持ちでいっぱいです。

今回になってようやく、斑目さんが大学の近くの会社を辞めた本当の理由が分かりました。春日部さんにフラれた(と思い込んだ)のが原因で、ヤケを起こしたんだね……。恵子の読みは半分ばかり当たっていたな。

斑目さんは72話で「ま――……別の仕事探して? 大学から離れるべきなんかなって 思わんでもない」と言ってたことから、失恋する前から環境を変えようと思っていたのだが、春日部さんにフラれた(と思い込んだ)のをきっかけにそれを実行に移し、現在は仕事探しの日々(と言いつつ、なかなか仕事探ししてないような……)。
一方の恵子はどうかというと、アニメの予告でも結婚の話をほのめかしていたように、斑目さんを狙っているのか? と思ったが、実はそうではなかった。

恵子は(高坂と付き合っている)春日部さんの本心をすでに見抜いていて、ドーテーのままの斑目さんをどうにかしようと思っているのなら……来月号は何かあるかもしれない。

恵子が斑目さんの童貞を奪ってしまえば、すでに高坂と付き合ってしっぽりやっている春日部さんと同じ「中古モノ」になるし、そうなれば斑目さんにもチャンスは訪れるはず。もし仮に『Spotted Flower』がげんしけん二代目の延長線上の話であるとするなら、何らかのきっかけで斑目さんが春日部さんと……。斑目さんの行方は恵子が握っているかもしれないな。

斑目さんが失恋したものと思い込んで、積極的にアプローチを仕掛けるアンジェラ。
アンジェラと同じように、自分の気持に気づいて斑目さんにアプローチを仕掛ける波戸。
斑目さんに対する気持ちを持て余し、暴走気味のスー。
そして、春日部さんの気持ちを察して何とかしようとする恵子。

恵子が介入して『Spotted Flower』がifの話ではなく正規ルートとなるのか(但し、その前提として斑目さんの再就職があるのだが)、それとも他の3人が動いてifのままで終わるのか。おそらく前者になりそうな予感がするけど、自分の考え方は少数派なんだろうなぁ。

もし恵子が介入したとなると、斑目さんの童貞を捨てさせた上で、何らかの行動に出るかもしれない。波戸が男であることをサークル自治会に漏らして現視研を活動停止に追い込むことは……ありそうだなぁ。なにせ恵子は波戸が男であることを見抜いているのだから。

果たして、恵子の部屋に来た斑目さんはどうなる? そして恵子はどう動く?10月号に続く!!
(追記:『今月のアフタヌーンあれこれ』は別の記事に移しました。)