やまざきセンセの短編読み切りが良かったgood!アフタヌーン3月号

カジノフィーバーが発生していると言われているので自分もカジノに行ってみたのですが……、結果は大量にたまったビンゴ券を10数枚近く消費してビンゴ6本を達成しました。どうぐ使い用の書も2冊ほど手に入ったんですが、フィーバーが発生せずに困っています。

……と、そんなことはどうでもいいのでGood!アフタヌーンの感想文をば。

はねバド!

アフタヌーン本誌での出張もやったことがありますが、それから更に話が進んで、インターハイ予選は綾野となぎさの宿命の対決に。綾野は世界ナンバーワンの選手まで倒してたのね……^^;。しっかし、第1話を見た限りではちゃらんぽらんに見えた立花コーチだけど、人を見る目はあったんだな。

宿命の対決は来月号から。

カミツレ

禁欲的な(というか常にイライラしていて、それを発散させるために運動したりしている)30代の公務員が、花屋で知り合ったシスター(しかも名前がカモミールの和名であるカミツレからの捩りだった)に頼まれてイングリッシュ・ガーデンを作るようになって……。

実に少女漫画チックでありながら、30代のおっさんを主人公に据えていて実に良かった。ってか自分のような未婚のオッサンのココロ狙い撃ちじゃないですか。なにせガキンチョの頃の失恋が原因でずっと恋してなかったんだよ!

ぐらんぶる

モアイで試し読みした限りでは(ここから)脱ぐわ飲むわ、そしてまともな人がいない……と思ったらその通りでした。但し、無茶苦茶やってる先輩たちであってもダイビングライセンス持ちです、ハイ。
(シスコンの従姉妹に絡まれてもハンドジェスチャーをやるあたり、本読んでいたのかよとw)

ここのダイビングサークル、ホントに無茶な連中ばっかりだぜ。

次回予告

予定は未定! 気になる作品があったらだけど、このままだとぐらんぶる+はねバド!は単行本揃えようか考えそうです。面白いし。