3.2メインシナリオ『運命の歯車』クリア。

3.2のメインシナリオの続きを一気にやってきました。今回も短めですが、それ以外のおまけが結構きつくてボリューム満点でした。

(以下、重大なネタバレを含むため3.2をクリアしていない人は読まないようにしてください)

今回のメインストーリーで、気になっていた人が多いミンフィリアのその後が明らかに。

まさか、こんな形になるとは……

怪しい予感はしていたが、まさかこういう形で再会しようとは。なお、彼女からはハイデリンがこのままだとアシエンたちに飲み込まれるという話も語られます。

一番悔しいのはアルフレッドだろうなぁ……。

まさかミンフィリアが死んだに等しい形で姿を消そうとは、誰もが思わなかったでしょう。オレもそうでした。ただ、ここまでクリアすることでダンジョンを開放することができるし、後はセフィロト戦も解放できるというもの。今回ばかりはメインシナリオを進めて損なしでしょう。

イシュガルドに戻った後の展開はインスタンスでのラウバーン、そして三カ国との模擬戦や消え去ったエスティニアンの再登場もあります。ニーズヘッグに飲み込まれたエスティニアンを救うことが出来るのか、そして闇の戦士はどう動くのか……といったところでメインストーリー終了。

今回もボリュームはドラクエXのそれに比べると物足りない印象でしたが、その代わりに新コンテンツがかなりのボリュームで、そのどれもが難易度が高く、歯ごたえを感じました。律動編にセフィロト戦など、どれもこれもが歯ごたえありで大満足。やっぱり真と極の蛮神戦あってこそのFFXIVですよ、ええ。最近Fallout4などをやっていたせいで修行不足なので、腕を取り戻しつつ頑張ろう。闇の戦士、ガレマール帝国、そして青の軍団との戦いに備えて。

それと、tumblrも始めました。向こうではブログのテーマ以外の記事も書ければいいなぁ。