2018年秋田駒ケ岳登頂記

土日を利用して、両親と一緒に秋田駒ケ岳に行ってきました。インドア派だから山登りに行かないだろ? と思ったのですが、高齢となった親のことが心配なのでそうするわけにもいかず。

行く途中でカーナビとタブレットとにらめっこしながら道に迷ったのは痛かったです。東北道を通らずに、秋田道を通ったために余計時間を喰いました。帰りの道では大人しく東北道を通ったけどね……。

風がむっちゃ強かったです。

昨日はあいにくの天候で風が強いわ(山頂付近は特に強かった)、周りは見えないわ、足場は狭いわで大変でした。しかも、戻りのルートは行った道を戻ったんですが……。そんな中でも登山に行く人が結構多く居て、片倉岳展望台の辺りで昼飯を食べたときには団体客とすれ違いました。阿弥陀池周辺でも団体客とすれ違ったんですが、今思えば親と一緒に阿弥陀池の避難小屋に向かうべきだったというね……。

シャトル発着場より。別のルートもあったんだね……。

シャトルバス発着場に戻った後で(+宿でスライドショーを見た後で)気づいたのですが、普通にそのまま歩いて行けば、大焼砂コースを経由して焼森コースから八合目避難小屋に戻ってくることができたんですよね。両親の歩くペースを考えると、大丈夫かなぁと思ったりもしたのですが……(^^;。

宿に着いたらすぐに温泉に入りました。ここの温泉は2種類あって、両方ともきっちりと浸かりました。露天風呂も堪能したのですが、1日目に入ったときはアブが入ってきたためにゆったりできず、室内の風呂にたっぷりと浸かりました。写真はマッサージをした時に撮ったものです。

宿の料理はバイキングコースでしたが、かなりの量で食べきることができないくらいでした。最初は一品料理を注文しようと思ったのですが、バイキングの分でもうお腹いっぱい。

夜にはボランティアの人が駒ケ岳の動植物のスライドを上映してくれていて、翌朝のウォーキングの紹介もしてくれたのですが、あいにくの天気でウォーキングは中止になりました。残念。

来年もうちの親が行きたがっているので、今度こそは無茶なことをせずにきっちり山登りができたらなぁと。あとは天候さえ良ければいいんですが(ガスもかかったし、風が強かった)。