――そして。僕は、このくそったれなゲームを手に入れた。

カオスチャイルドは2回ばかり手に入れたんですが、XB1版とVita版の両方とも放り投げた末に売却したので、今回こそはと思って再度購入(以前の記事は消しました……)。迷った挙句PSVita版を選びました。シュタゲゼロは初回限定盤でPS4版がついてきたのですんなりとPS4版にしたのですが、こちらはカオスヘッドノアをやっていたのがVita版だったという締まらない理由ですが。

前作(カオスヘッドノア)のラストで発生した渋谷大地震。その後流れ始めた奇妙な噂。しかし、その噂も吹き飛び、渋谷は再生を遂げる。

そして6年後の2015年9月7日。「こっち見んな」(生主が被害者で、右腕がバッサリ落とされた)事件から端を発し、その12日後の9月19日に発生した「音漏れたん」(歌ってみた歌手が被害者)を始めとした猟奇殺人事件。これが再び渋谷を、否、世界を騒がす事件になろうとは誰もが思っただろうか。

なお、ゲーム中に出てくる「15年クラッシュ」は現実世界では発生しませんでした(当たり前だが科学的にも同じような事態になる可能性はある)。前作の主人公よりキモさはなくなったものの(前作の主人公は「フヒヒ」と平気でしゃべるキモオタだった)、今作の主人公もかなり「痛い」です(バブル期の雑誌読んでは妄想にふけるやつだし)。

――さぁ、今度こそくそったれなゲームを始めよう。ガルフレ(仮)Vita版とシュタゲゼロを終わらせた以上(そしてカオチャの事件のことがすでに過去の話になった以上は)、きっちり終わらせようじゃないか! 目指すはフルコンプ。シュタゲゼロもフルコンプ目前まで行ったし(既読スルーが取れなかった)。

にしても、シュタゲゼロをVitaでリモートプレイしたなら、カオスチャイルドもPS4版にしとけばよかったかなぁ……(未練タラタラ)。

なお、今日買ったのは妖怪番長(3)(Amazonリンク)僕ビッチ第6巻(Amazonリンク)の2冊……だけど、読む時間あるのかしら。風呂入ったら漫画だけでも読まないと。後者はついに天ねえ(癖っ毛+ツインテでチア部所属の主人公の幼なじみ。フルネームは片虎天虎(かたとらてんこ)。独占欲が強い!)が報われたのはいいが、第1巻から読まないと大変なことに……はよコミカライズを!