漫画一覧

秋本治『ファインダー―京都女学院物語―』

秋本先生の新作第2弾、やっと到着。こちらはBLACK TIGERと違って1巻完結。残りの1冊は明日~明後日に取りに行ってきます。

京都の郊外にある亀岡にある女子高の写真部が舞台で、写真部に所属している主人公たちは部長からコンクールに入賞するよう厳命されるところから始まる1年間を切り取っています。

重厚なストーリーと迫力の描写に圧倒されるBLACK TIGERに比べると、秋本先生のカメラへの造詣がよくわかります。女子高生+レトロなカメラの組み合わせも悪くないよ。ゆりてつにダムマンガといった女子高生の意外な趣味を扱った漫画もあるし。

京都の四季と緩い彼女たちのスクールライフも悪くないよ、いやホント。

ファインダー ―京都女学院物語― (ヤングジャンプコミックス)
秋本 治
集英社 (2018-04-19)
売り上げランキング: 749

窪茶『辱―断罪―』下巻

やっと読めたけど、これで終わりなのか……? あっけないぜ。裏サンデーで読んだのでどうなるか分かってたけど、単行本で読むとあっけなかった。

※※※警告※※※

この作品は残虐描写が多く含まれます。残虐描写が苦手な方は、決してこの作品を読まないでください。また、実際に漫画内で描かれている残虐行為を行った場合、日本国内の法律に基づいて刑事罰に処せられます。あなたの人生を無駄にしないために、この作品に描かれていることは決してマネしないでください。

また、ネタバレが怖い方は、絶対にこの先は読まないでください。

続きを読む


小池定路『父とヒゲゴリラと私』第6巻

ループモノと違って、だんだん変わっていく4コマ漫画もついに第6巻。映像化してもいいのよ? 映像化したら泣く人多数になりそう。

第5巻でみちるは幼稚園を卒業して小学生に。そして、前の巻のラストで稔は職場のつかささんと何となく気まずい雰囲気に。

しかし、今巻の冒頭で稔がつかささんに告白して二人は付き合うことに! おめでとう! そして、今回は職場の同僚である渡辺もまりえにプロポーズしています。一方で、意識高い系な口を一切開かない課長の出番はゼロでした……。

ヒゲゴリラは西原先生の両親に挨拶に行ったりと交際も順調。だけど、西原先生の父親の顔が妙に可愛く描かれていたのには吹きました(ぇ。

みちるがだいち君のことを気にしたり、父のほうも今後のことを気にしたり……。次の巻がどうなるか楽しみですが、また1年待つことになりそうだなぁ。

父とヒゲゴリラと私 6 (バンブーコミックス)
小池 定路
竹書房 (2018-03-27)
売り上げランキング: 1,286

アフタヌーン2018年5月号の感想

ちょっと遅れたけど感想を。はよgood!アフタでチアーズ!のスピンオフやってくれんかなぁ……。待ちきれん!

今月号からはヤンマガとモーニング、そしてイブニングが定期購読できるコミックDAYSに移行しました。スゲー楽だよ! レッド最終章も読めるし!!

はしっこアンサンブル 第2話『吊られる男(ハングドマン)』

吊られる男の意味は「天から糸で吊られる感覚」のことだったのか……(^^;。

話は先月号の続きから。木村から合唱部(というか同好会の段階)に入るよう勧められる藤吉だったが、なかなか答えは出ず。

そして合唱部創設の話になるが、同好会を作るには5人の部員と1人の顧問が必要で、そこから部に昇格するには2~3年の実績が必要とのこと。かなり厳しい感じだなぁ。しかもライバルがいるとなると猶更。

その話の途端に、5組建築科の担任の北野先生が折原に説教をする光景に出くわす。木村は折原のヘッドホンを片方だけ分捕ろうとするが、そこに折原が殴り掛かろうとしたとき……!

波よ聞いてくれ 第39話『口には出せない』

ミナレは教団の幹部がテロを起こそうとしていることに感づいて、筆談で久連木と南波と脱出の算段を決めることに。しかし、教団の幹部にそのことがバレ、ついにミナレは教団から単身脱出することに!

……来月号はお久しぶりに休載。果たしてどうなる?

とまぁ、こんなところで。……明日のアライブの予告が気になるところですが、ヴィンランド・サガがアニメ化されると聞いて驚いたのは自分だけじゃないはず。あのWIT STUDIOが担当なら観るしかない! ……Netflixでやってくれないかなぁ。


のむらしんぼ『コロコロ創刊伝説』第3巻

今回は80年代のコロコロコミックを支えた二大ギャグマンガである『つるピカハゲ丸』と『おぼっちゃまくん』の誕生秘話がメインとなっています。どれもこれも懐かしい!

つるピカハゲ丸誕生秘話

『とどろけ!一番』が打ち切られた後、出す作品すべてが打ち切られたのむら先生。そんな時にのむら先生の担当になったのが本橋だった。二人三脚の末にやっと生み出したのが、子供向け漫画誌としては史上初となる四コマ、『つるピカハゲ丸』だった――。

のむら先生のせこ過ぎる倹約生活から生まれたハゲ丸は一気に人気作品となったが、その後は……こればかりはコロコロアニキの連載を見るしかなさそうです。

あまいぞ!男吾誕生秘話

80年代のコロコロはジャンプと熾烈な漫画家獲得競争を繰り広げていた。そんな中で現れた人物が、Moo.念平ことタケツグだった――。男吾は中学編、高校編と続いたのですが、そのきっかけを作った救出編はその後の展開の礎とも言える胸厚の展開でした。ホントに良かったよ!

おぼっちゃまくん誕生秘話

小林先生のコロコロコミックへの参入秘話がついに明かされる!

様々な出版社でギャグマンガを生み出していた小林先生は、担当の必死の粘りっぷりが功を奏してコロコロの連載陣に加わる。しかし、コロコロでの読み切りの評判はどれもこれも今一つ。そんな時に、金持ちの大学生の話を聞いて、逆ギレして描き始めたのが『おぼっちゃまくん』だった……。

小林先生が『おぼっちゃまくん』の誕生秘話で同じようなことを描いていたけど、改めてのむら先生が描くとかえって新鮮に見えてくるから不思議です。なお、この話は『おぼっちゃまくん』だけではなく、茶魔語の誕生秘話と付録の誕生秘話にもつながっていきます。同じような付録をやっていたなんて全く知らなかった。その当時は社会人(?)になっていたし。

「コロコロに爆弾を落としたい」、平山さんのその言葉は後にコロコロだけじゃなく、思想界にも同じことをやってのけるのですが、それはまた別の話。小林先生が80年代~90年代初頭のコロコロの立役者でホントに良かった!

そしてのむら先生は……

最後はのむら先生の話。2016年の8月に母が死去する一方で、その年の12月には初孫が誕生。彼も出会いと別れを繰り返す……。

今回はのむら先生が描いたおぼっちゃまくん誕生の瞬間が新鮮に感じられました。小林先生のあの濃い絵でも充分に面白かったけど、のむら先生の絵でも文句なしの面白さ。ってかのむら先生の描く小林先生、ちゃっかりハゲ丸の考え方が入ってましたw。

コロコロ創刊伝説 3 (てんとう虫コミックススペシャル)
のむら しんぼ
小学館 (2018-03-12)
売り上げランキング: 4,958

柴田ヨクサル『カイテンワン』第2巻

買って放置していたよ……orz。

今回はデートもあり……ますが、そのまえにナメクジってなんなんだよ! ナメクジにも学校があったのかよ!! 夢の中での戦いもあるし、今回もハチャメチャすぎる! ……って、第1巻もこんな感じだったなぁ。もう考えずに読んだほうが一番だな、うん(コラ)。

イブニングもコミックDAYSで定期購読しているのですが、連載では爆乳のカッパが久々に登場するなどして盛り上がっています。

気になる方は、妖怪番長を全部買って、カイテンワンも第2巻まで買って、コミックDAYSも定期購読して、一気に読んじゃえ! 柴田先生の生活費のためにも! 違法サイトでタダで読むのは生活費をよこさないのと同じだから!!(これホント)

カイテンワン(2) (イブニングコミックス)
講談社 (2018-02-23)
売り上げランキング: 6,294

アフタヌーン2018年4月号の感想

木尾先生、帰還――!

はしっこアンサンブル 第1話『それは現象として事実』

ついに! 木尾先生が帰ってきた!!

中二の頃に声変わりで見た目と違う低音ボイスになってしまい、それがコンプレックスになった藤吉晃は、喋らなくてもいい仕事に就きたいと思い都立端工(都立端本工業高校)の機械科に入った。そこで、毎日一人で歌っている電子科の木村仁の歌声に魅せられて……。

いやぁ、木村のうんちく話がスサマジー! 藤吉の声が低いのを事細かに説明できるなんて早々居ないよ!

今作は工業高校ということもあって女子比率は少ないんですが、その代りお寺のボーズやヤンキーがどう絡んでくるか楽しみ!

なお、巻末の『もう、しませんから。』では木尾先生が初の顔出し取材を受けています。デビュー秘話などがあるので是非!

波よ聞いてくれ 第38話『名前はわからない』

謎の施設に拉致されて1週間、ミナレはスープカレーの店のブログ更新も城華さんに奪われるなど、ただでさえ不安定な自分の地位がますますやばい状態に! そして例の美女は……記憶を失ったってことはミナレのアパートの下の部屋に住んでいる人の彼女だったのかよ! なお、忘れてるかもしれませんが下の部屋を血まみれにしたのはミナレ自身です(自業自得)。

ミナレもあと少しで解放されるといったところで、怪ラジオを流す計画が! しかも不味い雰囲気も煽り文のせいで台無しだよ!! ひどいw(誉め言葉)

ぼくは愛を証明しようと思う。最終話

渡辺は結局フリーランスの弁理士となって仕事を始めた。そして永沢も新しい仕事を始めた。

恋愛で失敗を重ねてどん底にあった渡辺は、永沢の出会いから大きく変わった。その過程で仕事を失ったものの、新たなる出会いを果たし、ついにその人と結ばれるまでに……。

原作通りといえばそれまでだが、実に丁寧なコミカライズでした。井雲先生、初の連載お疲れ様でした!

なお、来月からはコミックDAYSを利用することになります。読み放題なので、来月からはイブニングのカイテンワンも追加になりそうです。


卯花つかさ『アニマエール!』第2巻

祝! アニメ化決定!!(こないだガルフレのデッキの記事で書いたので2度目)

連載23か月目のタイミングでアニメ化が決まるなんて思わなかったよ! 今後が楽しみ!!

(以下、ネタバレ含む)

続きを読む