漫画

積みゲーの消化もあるけど、まずはアフタヌーンから!

(以下、ネタバレ満載のため格納します!)

漫画

もうそれしか思い浮かばないよ!>挨拶

電子書籍(BOOK WALKER)でまとめ買いしましたよ……orz。

第1巻

最初の巻ではあっくんとよしこなどの主要キャラ登場の巻がメイン。巨乳風紀委員長(名前が設定されてないのがむっちゃ不憫)がエロかわいいどころか、第2巻ではさらにドツボにハマっていきます。

にしてもよしえさん、やることが酷い。既成事実作ってくっつけようとするなんて。

第2巻

夏休み直前までのお話。先生がよしこの指導を投げ出したり、乾さんが初登場したり。しかも風紀委員長のストーカー度がさらにアップしてます。

さやかと委員長、胸揉んでても差が出すぎるなんて……不憫な子!

第3巻

夏休みということで海に出かけたりしますが、委員長は水着をよしえさんにかっぱらわれた末にいたずらされ、水着をレンタルするはめに。胸がでかいから逆に何着ても似合うという。よしこは自重しろw

第4巻

よしこがコギャルと遭遇したり、文化祭で大ハッスルしたり……。あっくんは放置しすぎだろw まぁ、普段からだけどね。

さやかが相変わらず不憫でなりません。胸がでかくならないわ、色っぽい下着を買ったらよしえさんに見つかって燃やされるわ……。親子揃って最低すぎる!

全巻まとめての感想

ここまで潔く笑ったのは久しぶりだよ!

ドージンワークは途中で読むのをやめてしまったんだけど、トントン拍子で少年誌にやってくるなんて信じられなかった。ドージンワークと比べると、80年代辺りの暴力あり、お色気ありのギャグ漫画そのものと言った感じ。下ネタと不謹慎ギャグが盛りだくさんだった『ついでにとんちんかん』が大好きだった自分としては文句なしです。

ホント、アホの子よりも委員長のほうがいいよなぁ……(オレは巨乳大好きです)。

アホガール(1) (講談社コミックス)
ヒロユキ
講談社 (2013-05-17)
アホガール(2) (講談社コミックス)
ヒロユキ
講談社 (2013-10-17)
アホガール(3) (講談社コミックス)
ヒロユキ
講談社 (2014-04-17)
アホガール(4) (講談社コミックス)
ヒロユキ
講談社 (2014-08-16)

漫画

女子大生・向坂晴(さきさかはる)19歳。ぼっちの小松さんやいかにもコギャルな葛西さんに囲まれて女子大生として普通の生活をしている……が、本当の顔は電子工作狂。やっと出来たボーイフレンドも小学生のうに先輩(本名がまだ明かされてないのね……)、そして幼なじみ(というかストーカーに近い)工業高校生の六祐(と書いてろくすけと読む)と、変わり者ばかり。

この巻では彼女の電子工作狂ぶりがパワーアップ。猫がツイートする機械やひったくり防止バッグなどを作っちゃうのですが、猫がツイートする機械は是非ほしいです。ちょっと改造してうちの会社の社長の飼い犬に取り付ければ、どこが悪いのか一目瞭然だし……(汗。

また、第2巻では晴の両親の馴れ初めや、晴が筑波の大学に行けなかったことなどが明らかに。自分も国立行けなかったのをむっちゃ後悔しています(地方のミッション系大学を卒業して、今では同じ大学の卒業生が社長やっているドカタの会社にお世話になってます)。とは言え、アルバイト先が筑波なら大学入れなくても問題なかったよね(良くない)。

連載では小松さんが過食症で太ってしまって大変なことになっているけど、どうなることやら。……って、それは第3巻までのお楽しみで。来月入ったらDモーニングを購読しようかしら。

ハルロック(2) (モーニング KC)
西餅
講談社 (2014-10-23)

漫画

紙の方は発売延期となりましたが、電子書籍は問題なく本日発売となりました。

自分も風俗に行きたい久我山にそそのかされて、笹原妹の働いているキャバクラに向かった斑目。泥酔した挙句に笹原妹のマンションに向かって胸を触らせようとした途端、笹原妹の彼氏からの電話が。斑目はダッシュしてその場を去るのだった……。

斑目さんが敗走した隙にスーが入り込む今月号、一体どうなることか?

※※※※※警告※※※※※
これより先、紙派の人に対するネタバレを含みます。紙派の人は10月31日までお待ち頂くか、これを機に電子書籍版を買ってみるのも悪くないです。Amazon(Kindle Cloud Reader)とBOOK☆WALKER(PC Viewerアプリあり)、ニコニコ静画だとPCで読めてお得です。

何? フライングで買えた? よし、それなら読んで頂戴。

漫画

瀬尾ペン先生! 全3巻買っちゃいましたよ!! BOOKWALKERで!!>おもいっきり私信

連載の時に1回だけ読んだ気がするのですが、電子化の機会を利用してやっと全部読ませていただきました。

キャリア級の技官とローテクの刑事が織りなす人間模様。関わってくるのはネットアイドルや死んだ娘からの手紙、クラッカーに不法入国者など、人種や性別を問わず実に多彩。その中で起こってくる事件は実に多様で、掲示板内の捜索やネットゲーム内での運営とユーザーとのバトルやBOTネットとの死闘など……。

瀬尾ペン先生の趣味(各種プログラミング言語にオンラインRPGなどなど。各巻表紙のデザインはなんとVJ時代の知り合いだそーです)が盛りだくさん。自分もJavaはかじっていたけど(元プログラマーかぶれです)、今じゃさっぱりですわ……。

Good!アフタヌーン辺りで続編希望(ぉぃ。

漫画

斑目さんが苦しんだ一方で、波戸は漫画家へ歩んでいった。

今月号はインターバル。来月号からは新展開となるか?

漫画

童貞喪失はおあずけでした。

先月号のラストで斑目さんが笹原妹の部屋に行くことになったが、果たしてその結果はどうなることか?

艦これ元ネタサブタイトル第3弾にして「轟沈」が来る以上は嫌な予感しかしないのですが、それでは行ってみよう!

(以下、ネタバレ含むために雑誌を読んでからじっくりお読みください。本屋で買ってもいいし、電子書籍でもOK)

漫画

読み切りと第1話をモアイで読んで「面白そうだ」と思ったのですが、大正解でした。モアイ(モーニング・アフタヌーン・イブニングの合同Webコミックサイトが「モアイ」なので)はホントに尖っている漫画が多いなぁ。

向坂晴、19歳。女子大生。趣味は電子工作。幼少の頃は分解魔で回覧板に「ドライバーを貸与しないでください」と注意喚起されてしまうほど。そして高校の頃に電子工作部に入ったのがきっかけで電子工作を始める。

時は流れ、大学に入っても晴はキャンパスライフを楽しむどころか、放課後は秋葉原のジャンクショップ巡りをする根っからの電子工作マニアに。その上、ゴキブリにビビった末に額を2針縫う怪我を負い、前髪で怪我の跡を隠すという始末。だけど電子工作の腕は確かなもの。

そのおかげで家にある古い電化製品は自分で直すわ(それで電化製品を買い換えようと思う母親を唖然とさせる)、見かねた父親が母親のために新しくホームベーカリーを買ったと思ったら、晴の手にかかってしまうと生ごみ処理機に早変わり(お陰で母親のイライラ度MAXで怒り爆発)。

極めつけはtwitterのデータをクロールしてぼっちの人を探す「ぼっち・ザ・LED」。RasberryPIとArduinoMEGAを合わせ技で使ってます。解説文むっちゃ長っ!!

第1巻のラストからストーカー真っ青の男子高校生も出てくるけど、ラブコメはこの漫画の本流にあらず。この漫画は飽くまで電子工作を楽しむ漫画です。第2巻からは晴の変人ぶり(?)が更にエスカレートしそうな予感。だけどそれが逆に素晴らしいです。気になる人は連載もチェックすべし。

自分、ガキの頃に何か一つ夢中になれるものがあればよかったなぁ……。将棋もやってたけど長く続かなかったなぁ。

ハルロック(1) (モーニング KC)
西餅
講談社 (2014-07-23)

漫画

今月のアフタヌーンは急展開を見せるげんしけん二代目だけじゃありません。読み応えがある作品が多くなってきたので、改めて別枠で書く次第。

失恋した女の恨み恐るべし! そして思わぬラジオDJデビュー – 『波よ聞いてくれ』(新連載)

『無限の住人』で一躍有名になり、並行して多数の読み切りと連載をこなした沙村広明先生の最新作が登場。
今回の舞台は北海道・札幌。

スープカレー店の店員・鼓田ミナレ(20代後半。九州男児に騙された挙句捨てられたばかり)は、酒の席でクダを巻いたラジオ局のディレクター・麻藤兼嗣(卍そっくりの中年オヤジ。49歳)にハメられ、ラジオDJデビューを果たしてしまう。

ただ、その第一声が……。

恨み節全開!

こ れ だ よ

夜空の嘘にホイホイ乗せられてひどい目に遭う星奈以上の残念ヒロイン、ここに誕生。

愚痴を聞いた麻藤のオッサンもヒデェ奴だなぁ……。メディアの企画の立て方は本人の思いつきで適当に決まるって聞いたことがあるけど、まさにその通りだな。ミナレの話を聞いて「いける!」と思ったんだろうか(しかもこっそり録音して、念書まで取る始末)。

ミナレも相当残念な女性なので(純愛映画と思って見たBDは、実は立派なホラー映画です)、第1話からこれでは大変なことになりそうだなぁ。

前作とは正反対の現代モノとなると期待しないわけには行かないでしょうが!

萌え系のようなハッピーな恋愛モノもいいけど、恨みつらみの末の別れ話もこれはこれで面白い。ただ、ミナレが来月号早々で店長にクビを言い渡されるかどうかが心配です。なにせ1ヶ月に2回遅刻した上に、勝手に外出したからなぁ……(汗。

ま、ラジオでの出演がきっかけでカレーショップの宣伝ができれば、店長も大目に見てくれるかな?(多分ない)
なお、ミナレが本編中に見た映画はパッケージがこれなんですが……。

ゴースト/血のシャワー HDリマスター版 [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2014-06-03)
売り上げランキング: 43,176

明らかにゴースト違いです。正しくはこちらの映画。

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-09-10)
売り上げランキング: 13,331

……単行本では修正お願いしますorz。血のシャワーだとホラーになっちゃうよ(汗。

どうなるか心配でした。 – 『今日のユイコさん』

先月のラストではどうなるのかと思ったけど、元のさやに。良かったよかった。

相変わらず一進一退 – 『ラブやん』

ついにラブやんと結婚? と思った自分がバカでした。天使長に告白するとは。

カズフサは建設業でもいいから働こうぜ。いいガタイしているなら重いものを持ち上げられるでしょうよw(コンクリとか色々と)。……2、3日で音を上げそうだけどね……(汗。自分は3年もドカタで事務所の雑用やってます。

サービスシーンもあるよ!! – 『はねバド!』(good!アフタヌーンからの出張)

コニーが綾乃に会いに行こうとしたのだが……。続きは本誌で!

まさかのサプライズ出張!(ホントの所、good!までチェックしてなかったので……)

読切版では、ヒロインの羽咲綾乃を妹と呼んでいるコニー・クリステンセンの過去の話が載っています。今度まとめて単行本を買おうかしら(電子版で。もちろんBOOKWALKERを使って)。

当然ながらサービスシーンもありますが、それはそれで。

その他気になったこと+来月号

今月号で『臨死!!江古田ちゃん』が最終回に。聞いてなかったよ……orz。秋の新連載を楽しみにしています!

それと、今月号の読み切りは来月号から連載することが決まったヤマシタトモコ先生だけではなく、高橋ツトム先生も出ています。こちらは麺類がない店の話です。

来月号からは前述のヤマシタトモコ先生の新連載だけではなく、西尾維新の『零崎軋識の人間ノック』がスタート。こちらも期待しつつ、今月分は締め。

漫画

今回のサブタイも『艦これ』からって……2号連続だよ!! 今月は先月から続く斑目さんメインの話の続きです。一年生ズは登場しませんので、あしからずご了承ください。

まずは失恋してからのお話を

斑目さんは学園祭で春日部さんに告白したものの、高坂がいるからの一言であっけなく失恋。その後斑目さんは会社を退職し、現在は仕事探しに勤しみつつ(第97話『おひっこし』にて確認済み)マンガにゲームに……と相変わらずの様子。

恵子は斑目さんが春日部さんに未練があることを見通して店に来るよう促すが、当の本人は乗り気にならず。波戸は一旦斑目さんへの気持ちを封印するも、冬コミのことがきっかけになり、現視研にいる間は女装するようになった。そして斑目さんはアンジェラ達から逃げようとして二度目の骨折。

時は過ぎて2月。吉武妹の受験も終わったバレンタインデーの日。斑目さんは波戸から本命チョコレートを貰ったのだが、声には出さなくとも喜んでしまう。

心境の変化に戸惑った斑目さんは久我山(以下クガピー)と飲みに行き、一緒に恵子の居るキャバクラに突撃することになるのだが……。

さあ、今月号はこの続き。果たしてどうなることやら!

(以下、ネタバレ含むため格納。電子版でもいいから買ってね! Kindleもいいけど、BOOKWALKERもオススメ。パソコンでも読めるし、HTML+Flashだし、AIRランタイムを入れるだけだし。今回は台詞を引用するのが辛いので、画像込みです)