漫画一覧

げんしけん二代目第102話『斑目改 キャ号突撃戦』

今回のサブタイも『艦これ』からって……2号連続だよ!! 今月は先月から続く斑目さんメインの話の続きです。一年生ズは登場しませんので、あしからずご了承ください。

まずは失恋してからのお話を

斑目さんは学園祭で春日部さんに告白したものの、高坂がいるからの一言であっけなく失恋。その後斑目さんは会社を退職し、現在は仕事探しに勤しみつつ(第97話『おひっこし』にて確認済み)マンガにゲームに……と相変わらずの様子。

恵子は斑目さんが春日部さんに未練があることを見通して店に来るよう促すが、当の本人は乗り気にならず。波戸は一旦斑目さんへの気持ちを封印するも、冬コミのことがきっかけになり、現視研にいる間は女装するようになった。そして斑目さんはアンジェラ達から逃げようとして二度目の骨折。

時は過ぎて2月。吉武妹の受験も終わったバレンタインデーの日。斑目さんは波戸から本命チョコレートを貰ったのだが、声には出さなくとも喜んでしまう。

心境の変化に戸惑った斑目さんは久我山(以下クガピー)と飲みに行き、一緒に恵子の居るキャバクラに突撃することになるのだが……。

さあ、今月号はこの続き。果たしてどうなることやら!

(以下、ネタバレ含むため格納。電子版でもいいから買ってね! Kindleもいいけど、BOOKWALKERもオススメ。パソコンでも読めるし、HTML+Flashだし、AIRランタイムを入れるだけだし。今回は台詞を引用するのが辛いので、画像込みです)

続きを読む


斑目ハーレムの行方は如何に? 木尾士目『げんしけん二代目の七』第16巻

雑誌で連載された時に感想を書いたけど、改めて書くとなると「う~ん」となりそうです。なにせブログを1回移転してるし……(汗。

カバー裏表紙

表表紙は大江戸温泉物語での一コマ。流石アメリカ、銃の国だなぁオイ。

裏表紙はウィッチクラフトワークス。これは監督繋がり(アニメの監督が水島努さんでした)。

・本編+四コマ。斑目さんの恋があぶない!(意味不明)

マンガ:アンジェラと恵子が激突するも……?『げんしけん二代目』第92話『魔弾ノ射手』(ネタバレ有り)

派手に骨折した斑目さんを尻目に、スーパー銭湯『お台場大江戸温泉物語』斑目さんを巡ってアンジェラと恵子が激突! だが、その争いに水をさしたのはスーだった!? 4コマではアニメの最終話についても触れています。

二回目の合宿はなかったことにされているのね(連載的に)。うまいオチだ。斑目さん退職まで描いて、その後に盛り込もうとしてもちょっと無理があったからね……(汗。

マンガ:怪我したまま年明け。吉武の選択は一体……? 『げんしけん二代目』第93話『俺の股間の128mm砲(ヤクトディーガー)が、37mm砲(うさぎさんチーム)のままです』(ネタバレ有り)

結局、斑目さんを追い込んだことで休戦協定は成立。一方で波戸は新潟に戻ったのだが……。

スーの山形来訪がむっちゃ面白いです。キマシタワー。

マンガ:波戸、ついに決意の時? 『げんしけん二代目』第94話 『SNOW MAN 2』(ネタバレあり)

この号から晴れて電子化。波戸が今野達と再会。そこで波戸はある決意を固める。

4コマでは波戸の失恋がわかっているような内容だったが……果たして現実と成る日が来るのか? 来るだろうなぁ……。

サークル崩壊の危機が迫る……! げんしけん二代目第95話『クラッシャーラメ』

波戸の決意は思わぬ方向に? この時に、スーが寮生活をしていることが明らかに。

引っ越してからは波戸の部屋にお邪魔することが多くなったのだけど、これでいいのかなぁ(汗。

変えてみたい、だけどブルーレイには 敵わない げんしけん二代目 第96話『水心アリ』(ネタバレあり)

イメチェンをしようと思ったら、まさかのBD全巻注文オチ。しかも春日部さんから釘を差されるというおまけ付きでした。

オチに注目! – げんしけん二代目第97話『おひっこし』(ネタバレあり)

(注:第97話はサブタイが間違っていました。大変失礼しましたm(__)m)

波戸がついに引っ越し。そしてスーも引っ越し。スーの荷物、むっちゃ多かったんだろうなぁ。

・オマケ:『追悼 永田八郎』

2014年1月27日に亡くなられた永井一郎さんと来れば波平もあったけど、ナウシカのミト爺も永井さんだったよなぁ……。どうか安らかに。

さて、次は12月発売。OVAがないのはすげー残念すぎる。果たして、8月までにいい区切りになってくれるかどうか……。


げんしけん二代目第101話『斑目型けーじゅん1番艦「斑目」出撃!』

今月号からアフタヌーンはPCでも読めるBOOK☆WALKERに変更しました。PCでもスマホでも読めてラク。しかも必要なのはAdobeAIRだけなので(AdobeAIR必須のDofusもあるけど、それは別として)、余計なDRMに悩まされる事なし。

しっかし、でかい画面で見られるのはいいなぁ……。最初っからそうするべきだったよ。

今回のタイトルは艦これから。言わずもがなだよw しかも今回は珍しく久我山さんと斑目さんメインの回です。

続きを読む


げんしけん二代目第100話『バン・アレン帯のお誕生日ですか?』

げんしけん初のバレンタイン・デーはどうなることやら。にしても連載12年(空白期間あり)で初ってのはどうよと。
しかも季節は春から夏に……(ry

タイトルの元ネタは究極超人あ~るから。それと、最後のほうで7月にPS4版が発売予定の『AKIBA’S TRIP2』もちらりと(なお、木尾先生もDLCにスーを引っ張りだしています。当然ながら、ニトロプラスからそに子が出張していますよ)。

続きを読む


レヴィが帰ってきた! 広江礼威『ブラック・ラグーン』第10巻

4年の空白を経て、ラグーン商会が戻ってきた! 4年の間に1~9巻が日光の影響で黄色くなってましたorz。

今回は中国人ハッカー、フォン・イッファイがロアナプラにまた潜り込んだジェーンのハッカーグループに入団しようとするが、ジェーンがフォンを罠にはめてしまう。そのことが原因でフォンは本来の職場である人民軍から追われ、アルバニア人から追われ……。

話を聞く限りでは、ロックがラグーン商会に入った時のと同じ話だが、ロックは前回の事もあってか、己の立ち位置さえ揺らいでいる。悩むロック、そして決断を下すレヴィ。今回はまだ序盤だが、次はいよいよ銃をぶっぱなす話になるのやら。

3年ものブランクがあって、本当に待ちくたびれたとしか言いようがない今作ですが、後半は完全なデジタル作画となっているとのこと。紙とペンでやっていた3年前との違いが全くわからなかったよ……orz。

アルバニア人や軍からも追われることになってしまったロックとレヴィ、そしてフォンの運命がどうなることか楽しみだけど、こればかりは雑誌を買わないとまずいよなぁ。久しぶりにガッツリ買って続きを読もうかな。

続きを読む


斑目さんと春日部さんのその後? それともif? 木尾士目『Spotted Flower』第1巻

まずはSpotted Flower第1巻。やっと入手できたよ……。
斑目さんと春日部さんが結婚してどうなるのか? を描いたif……なのか、もしくはアフターなのかは分からないが(明言はされていないが、それを意識した描写はちらほらあり)、二人がくっついた後の話。
おばあちゃんの破天荒さもさることながら、旦那がまた骨折……って、これ完璧に斑目さんじゃねぇかよ!!
第15巻の折り返しに「骨折三部作、完。」って書いてある上に、オトコの娘ゲーのタイトルが『楽園までの七周半3』。アフターの匂いが……。あとがきで「ヘタレオタク旦那と気が強いパンピー妊婦奥さんか! うむこれなら描けそー! ん? それって……」という「それ」が「げんしけん」だとしたら、げんしけん二代目は……?
帯の「そんな未来」の通りにifになる可能性はあるけど、オトコの娘ゲーのタイトルと、斑目さんの再度の骨折を考えたら、「そんな未来」ではなくなる可能性も。げんしけん二代目の本編が一体どうなるか、それが一番の気がかりです。まぁ、田中さんと大野さんは結婚内定しているし。

Spotted Flower 1
Spotted Flower 1

posted with amazlet at 14.10.12
木尾 士目
白泉社

げんしけん二代目第99話『妹受験II』+α

げんしけん二代目

ついに吉武の妹が受験に挑戦するのですが、その結果は……?

今回の話は見事に今年2月の天候を巧みに取り入れた内容になってた。その一方で、スーがろくなものを食べてなかった事がわかったり、波戸ハーレムの可能性もあったり……。

しっかし、吉武姉妹は揃いも揃ってこの体たらくとは! これは春が楽しみになってきた!

ああっ女神さまっ

「今にして思えば これも強制力の一つだったのかもしれない」

あれから四半世紀。当時はまだ小学生だった自分は少年ジャンプにうつつを抜かし、アフタヌーンの存在すら知りませんでした。そんな自分も今じゃすっかりダメな大人になってしまいましたが、ホントに最後までベルダンディーと螢一の思いが貫かれたと思うと……。

藤島先生、ホントお疲れ様でした。そして来月号からの新連載も楽しみにしています。

それ以外の話

ラブやんは相変わらずだからいいんだ。一方で天の血脈は日露戦争終焉、そしてポーツマス条約のところまで。来月号からの展開も見逃せないけど、ドンケツなのでいつ切られるかが心配です。


げんしけん二代目第98話『ハーレムの境界線上の彼方と此方』+α

最長タイトルじゃないかよ! 今月からはネタバレを抑えめにしつつ、文章量も短めにいきます。

まずはげんしけん二代目から。スーが波戸と一緒のアパートに越してはストーカー行為を働く毎日。斑目さんの部屋にもついていくくらいだから、相当なもんだなぁ。

自分としては、スーと波戸がくっつく可能性はありそう。なんだかんだで意識している可能性はありそうだし。

そうなると斑目さんは……、Spotted Flowerがifなのか、そうでないのか次第だなぁ。(今回は最後のコマまでネタづくし。雑誌、もしくは電子書籍で買ってね!)

女神様が終わると……ラブやんが最長連載になるんだよなぁ。

まだ乳首のことを引っ張るのか。そしていい加減くっついてくれよぉ……。

最後はSHADOW SKILL。

連載誌を変え続けて20数年、こちらもついに完結。ネタバレのために多く語れないってのはしんどいが、修練闘士(セヴァール)たちの戦いの結末に涙するでしょう。

来月はついに女神様が完結。

これでアフタヌーンの核を担った二大連載が終わるんだなぁ……。しかし、25年か……。ホント、いろいろあったなぁ。

師匠の江川先生があまり目立たなくなった代わりに、弟子の藤島先生がガンガン活躍しまくったのとは偉い対照的だなぁと思いつつ、ラストを楽しみにしています。


げんしけん二代目第97話『おひっこし』

(初出時、サブタイを間違えていました。大変申し訳ございませんでした。ブログ移転ついでに修正しました)

先週の火曜に風邪引いてぶっ倒れ、挙句の果てに薬を貰いに行こうとしたらレントゲンを取られ、「結核の疑いあり」と近所の医者に言われて市立病院行きに。そして本日になって市立病院の呼吸器科に行ったら「単なる風邪」と診断されました。あとは咳止めの薬などを頂いたので、ゆっくり養生します(言い訳乙)。

ホント、近所の医者ほど信頼出来ないものはありません。最初に通った医者はきちんと検査してくれたし(ごく初期だったので、きちんと薬を出してくれた。土曜にきちんと行っていれば長引かなかったのにorz)、市立病院の先生は「結核じゃありません」ってきちっと言い切ったし。

結核騒動のせいで、土日はDQ10にINすら出来ませんでした。贈り物頂いたのにもかかわらず、ひっじょーに申し訳ありませんでした。

まほうのせいすいは今日からきちんと使わせていただきますm(__)m。今週は英気を養うついでに、ドラクエ10をガッツリプレイします。

さて、言い訳はこのへんにして、げんしけん二代目の感想行きます。

続きを読む


げんしけん二代目第96話『水心アリ』

正式タイトルは「(そろそろ髪型などを変えて自分自身を)変えてみたい だけどブルーレイ(についてくるイベントチケット)には 敵わない」です。

どこに向かうのか? と思いきや平常運行だったでござる。肩透かし食らいましたよorz

此処から先はネタバレ防止のため格納します。

続きを読む