ソシャゲでもhttps化待ったなし!

2018年9月22日

ガルフレが本日のメンテナンスで常時SSLに切り替わりました。それと関わっているのかどうかわかりませんが、レイドウォーのマッチングが機能せずに本日は無効試合に……。

と、ほかのゲームでも常時SSLになっているのか気になる人も多いので、主たるソシャゲでも常時SSLになっているのか比べてみました。

常時SSLって何?

常時SSLというのは、ウェブサイトの全てを暗号化してしまうことを言います(シマンテックのサイト参照)。これによって、ユーザーIDなどの重要な情報を盗まれることを防止することができるので、セキュリティの面でも導入待ったなしの状況になっています。

なお、Google Chrome68以降では、常時SSLに対応していないウェブサイトの訪問者に対して「このサイトへの接続は保護されていません」と表示されます。ちなみにうちのブログも常時SSLとなっています。費用はもちろんタダ! 但し、URLの書き換えがすごく大変でした……。

グラブル+デレマス

最初はPS4でもリリースが決定しているにも関わらず、続報が途絶えているのでいい加減何らかの形で発表してほしいグラブルから。

グラブルはURLの左脇に注意表示があり、そこをタップすると「このサイトへの接続は保護されていません」と表示されます。残念ながらこちらは常時SSLになっていませんでした。なお、同じモバゲーで運営しているデレマスも常時SSLになっていませんでした。

艦これなど

次はアーケード版も熱いけど、プレイする暇がない艦これ。アズレンにどっぷりはまってしまってやる暇がないので、鎮守府はガラガラです。ごめん。

こちらも常時SSLに対応しておらず。なお、Yahoo!ゲームスでサービスしている乖離性ミリオンアーサーも同じでした。

常時SSL化はよ!

こうしてみると、ブラウザゲーの大半が常時SSLに対応していないのが現状です。ゲームを快適に遊びたいのは良いのですが、セキュリティの面でもしっかりとしてもらいたいところです。

累計ユーザー数ではグラブルの1/3のガルフレが先に導入して、ほかのゲームが後回しになるのはまずいので、早いところ何とかなりませんかねぇ……。

追記

あの後で緊急メンテナンスが入って、ガルフレの常時SSL化は見送りとなりました。もうちょっと考えてやれよと……。常時SSL化なんてかなり時間かけないと無理でしょうよ……。