よしこは母親似なんだな(納得) – ヒロユキ『アホガール』第5巻

アホの子よしこの暴走はあっくんでも止められない!

今回はよしこの父さんも登場するんですが、おまけマンガで真面目に挨拶しているところから、よしこは母親に似たんだなと改めて納得。しかも単身赴任をいいことに、たまに会ったらやることはひとつ。って、そりゃ20代前半で子供産むわ!

そして風紀委員長は相変わらずの変態ロード一直線。自分が風紀乱してどうするんですか。これで成績優秀って信じられんよ。

一方で、瑠璃はクラスの男の子からからかわれている(というか好かれている)ことが発覚。しかも謝ったら即「ヤダ!」と言われる始末。

あっくんは苦労が耐えないなぁ。勉強してもテストで100点満点を取ることが出来ず(いつもギリギリで逃すが、成績は上位クラス)、瑠璃に勉強を教えてもよしこが出ては邪魔するわ、クラスじゃコギャル三人組にバカにされるわ(4巻で登場。文化祭を馬鹿にしたためにあっくんとは仲が悪い)……。リア充連中なんかよりもガリ勉に近かった高校時代の自分とそっくりだぜ。オレの場合は……って、これ以上は書くとアレなのでパス。

次の巻からはいよいよ冬に突入。この調子じゃ、クリスマスは一体どうなることやら。

アホガール(5) (講談社コミックス)
ヒロユキ
講談社 (2015-01-16)