一撃必笑 ヒロユキ『アホガール』第1巻~第4巻

もうそれしか思い浮かばないよ!>挨拶

電子書籍(BOOK WALKER)でまとめ買いしましたよ……orz。

第1巻

最初の巻ではあっくんとよしこなどの主要キャラ登場の巻がメイン。巨乳風紀委員長(名前が設定されてないのがむっちゃ不憫)がエロかわいいどころか、第2巻ではさらにドツボにハマっていきます。

にしてもよしえさん、やることが酷い。既成事実作ってくっつけようとするなんて。

第2巻

夏休み直前までのお話。先生がよしこの指導を投げ出したり、乾さんが初登場したり。しかも風紀委員長のストーカー度がさらにアップしてます。

さやかと委員長、胸揉んでても差が出すぎるなんて……不憫な子!

第3巻

夏休みということで海に出かけたりしますが、委員長は水着をよしえさんにかっぱらわれた末にいたずらされ、水着をレンタルするはめに。胸がでかいから逆に何着ても似合うという。よしこは自重しろw

第4巻

よしこがコギャルと遭遇したり、文化祭で大ハッスルしたり……。あっくんは放置しすぎだろw まぁ、普段からだけどね。

さやかが相変わらず不憫でなりません。胸がでかくならないわ、色っぽい下着を買ったらよしえさんに見つかって燃やされるわ……。親子揃って最低すぎる!

全巻まとめての感想

ここまで潔く笑ったのは久しぶりだよ!

ドージンワークは途中で読むのをやめてしまったんだけど、トントン拍子で少年誌にやってくるなんて信じられなかった。ドージンワークと比べると、80年代辺りの暴力あり、お色気ありのギャグ漫画そのものと言った感じ。下ネタと不謹慎ギャグが盛りだくさんだった『ついでにとんちんかん』が大好きだった自分としては文句なしです。

ホント、アホの子よりも委員長のほうがいいよなぁ……(オレは巨乳大好きです)。

アホガール(1) (講談社コミックス)
ヒロユキ
講談社 (2013-05-17)
アホガール(2) (講談社コミックス)
ヒロユキ
講談社 (2013-10-17)
アホガール(3) (講談社コミックス)
ヒロユキ
講談社 (2014-04-17)
アホガール(4) (講談社コミックス)
ヒロユキ
講談社 (2014-08-16)