アフタヌーン2018年11月号の感想

チアーズ!の第3巻がやっと出ました。電子版は手に入れましたが、紙の書籍は明後日までお預けです。しかも雨……orz。

今月号からは安彦良和先生最後の新連載がスタート。今回も読みごたえあり!

はしっこアンサンブル 第8話『反論できねぇ』

折原のヘッドホンを治そうとしたら、木村は指を脱臼して半田ごてが持てなくなってしまい修理ができない状態に! しょっぱなから大ピンチじゃないか……と思ったら、日鞠が次第に学校に通うようになり、学校になじむように。やるじゃん。

木村は日鞠に折原のヘッドホンを修理するよう頼むが、藤吉の声が変わったことに納得がいかない様子。木村は藤吉の声の可能性を分かってもらうために、屋上の踊り場で「バッヘルベルの『カノン』による遠い日の歌」を歌うことになり……。

何とか日鞠が半田づけをやってもらえることになって、ヘッドホンの件は一件落着……だけど、先生にバレてシャレになってないよ(^^;。

波よ聞いてくれ 第44話『変わらないものはない』

宗教施設に乱入した甲本たちのお陰で、ミナレたちは無事宗教団体の施設から脱出。そして、テロを企てた宗教団体の幹部たちは見事北海道警に逮捕。これにて一件落着、めでたしめでたし。……というわけにはいかないもので。

後半は麻藤のおっさんの話がメイン。テレビやラジオといった既存メディアと、通信環境の整備で急成長し続けているネット配信。時代は変わり、古いものが消えて新しいものに置き換わっていく……哀愁を感じさせるなぁ。

来月号からは今月号の最後を受けての新展開に。果たしてどうなる、藻岩山ラジオ?

その他の連載ピックアップ

冒頭で書いた通り、今月号から安彦良和先生の最後の連載となる『乾と巽–ザバイカル戦記-』がスタート。今から100年前のシベリア出兵の時代の群像劇となるのだが、どうなることかこれが楽しみです。御年70の安彦先生の正真正銘最後となる連載、最後まで絶対ついてきたいです。

あとは『大人のそんな奴ァいねぇ!!』がモアイから出張掲載。濃いうんちく満載でお送りしています。近いうちに第4巻も出るよ。

漫画

Posted by 蒼月未来