アフタヌーン2018年5月号の感想

ちょっと遅れたけど感想を。はよgood!アフタでチアーズ!のスピンオフやってくれんかなぁ……。待ちきれん!

今月号からはヤンマガとモーニング、そしてイブニングが定期購読できるコミックDAYSに移行しました。スゲー楽だよ! レッド最終章も読めるし!!

はしっこアンサンブル 第2話『吊られる男(ハングドマン)』

吊られる男の意味は「天から糸で吊られる感覚」のことだったのか……(^^;。

話は先月号の続きから。木村から合唱部(というか同好会の段階)に入るよう勧められる藤吉だったが、なかなか答えは出ず。

そして合唱部創設の話になるが、同好会を作るには5人の部員と1人の顧問が必要で、そこから部に昇格するには2~3年の実績が必要とのこと。かなり厳しい感じだなぁ。しかもライバルがいるとなると猶更。

その話の途端に、5組建築科の担任の北野先生が折原に説教をする光景に出くわす。木村は折原のヘッドホンを片方だけ分捕ろうとするが、そこに折原が殴り掛かろうとしたとき……!

波よ聞いてくれ 第39話『口には出せない』

ミナレは教団の幹部がテロを起こそうとしていることに感づいて、筆談で久連木と南波と脱出の算段を決めることに。しかし、教団の幹部にそのことがバレ、ついにミナレは教団から単身脱出することに!

……来月号はお久しぶりに休載。果たしてどうなる?

とまぁ、こんなところで。……明日のアライブの予告が気になるところですが、ヴィンランド・サガがアニメ化されると聞いて驚いたのは自分だけじゃないはず。あのWIT STUDIOが担当なら観るしかない! ……Netflixでやってくれないかなぁ。

漫画

Posted by 蒼月未来