アフタヌーン2018年1月号の感想(ってかこれだけ!)

ごめん! 今月はアフタヌーンの感想だけ描かせて!(他に感想を書けるのがはじギャルだけなので……)

波よ聞いてくれ 第35話『奴らを認めない』

事実は小説より奇なり! 落ちた先は怪しげな宗教法人……なんだが、セリフの一つ一つが放送局に勤めている人たちの絶叫にも等しい台詞ばかり!

「何が『配信者』だ ただゲームをやってメシを食ってたりカラオケを唄ってたり その程度でシロウトが表現者ヅラしやがって プロフェッショナリティーがないんだよプロフェッショナリティーが!!」

……本当に今の世の中、プロフェッショナルな人間どころかアマチュアな人間がのさばって……って、自分の首を絞めることにもなりかねないのでこれ以上は勘弁。ネットって怖い。沙村先生きっぱり言い切ってんなぁ。

ぼくは愛を証明しようと思う。 第20話『傷心プレイヤー』

原作はp344-p361。ついに最終章に突入!

職を失い、彼女も失い、語るべき友も失った。渡辺はあっという間にすべてを失い、非モテに逆戻りとなった。新たな職場にすら満足に就けない様子は、アルジャーノンのチャーリィの如し。

そんな渡辺は、残った貯金を切り崩して気分転換のために伊豆へと向かった。そこで出会ったのは、渡辺がモテなかった(というよりは彼女が居たけども、浮気を見透かされる前の)時に彼を気にかけた女性だった――。

「リア充ざまぁ」と嗤えるのも今のうち。彼の失敗は、大成功への道しるべとなるのだから……!

来年1月から、下手すりゃGood!アフタヌーンが追加されそうですが、それはそれでいい……のかな? その前にチアーズ!の本編を崩さないと!!